更新日:2019年8月14日

ここから本文です。

アッサムニオイザクラ

昭和50年頃、日本各地で栽培が行われるようになり、山梨県においても富士吉田市をはじめ、各地で栽培が試みられた。

しかし、夏の暑さに弱い上に、ある程度の大きさにならないと開花しないなど栽培には高い技術が必要であり、開花期に葉が黄化して落葉しやすいなどの課題があった。

このため、花の美しさと特徴的な芳香は好評を得ていたにもかかわらず、栽培地域は減少の一途をたどり、山梨県内では富士北麓を除き栽培はほとんど無くなった。

山梨県総合農業試験場岳麓分場(現:総合農業技術センター高冷地野菜・花き振興センター岳麓試験地)では、栽培技術の確立に取り組み、昭和57年には植物ホルモンの利用による開花数の増加や、草姿の改善を図った画期的な栽培技術が確立された。

さらに昭和60年にはシェードによる開花時期の促進に成功し、市場で高い評価を得て現在に至っている。

 

 

アッサムニオイザクラの花

 

アッサムニオイザクラの栽培風景

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部富士・東部農務事務所 
住所:〒402-0054 都留市田原二丁目13-43南都留合同庁舎 2 階
電話番号:0554(45)7830   ファクス番号:0554(45)7833

広告スペース

広告掲載について