更新日:2019年1月29日

ここから本文です。

キャベツ

栽培の歴史

 

明治の終わり頃より河口湖の南岸で栽培が始まり、昭和初期にはすでに神田市場などに出荷されていた。現在栽培の中心である鳴沢村では、昭和30年代に栽培が始まり、昭和40年代後半に当時主要野菜であったダイコンに連作障害が多発したことから、キャベツ栽培への移行が進んだ。その後、鳴沢村を中心に富士北麓地域におけるキャベツ生産量は順調に増加し、昭和53年に鳴沢村が野菜産地指定を受けた。産地指定は昭和59年に近隣の旧河口湖町、富士吉田市、忍野村を含めた富士北麓地域へと修正された。近年は生産農家戸数、生産量ともにわずかに減少しつつあるが、大消費地に近い高原野菜産地として、環境に優しい農業への取り組みなどを行いながら産地の維持が図られている。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部富士・東部農務事務所 
住所:〒402-0054 都留市田原三丁目3-3南都留合同庁舎 2 階
電話番号:0554(45)7830   ファクス番号:0554(45)7833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について