ページID:21721更新日:2023年12月14日

ここから本文です。

特定動物の飼養・保管許可について

特定動物を飼養しようとする場合は、特定動物の種類ごとにあらかじめ許可を受けることが必要です。

また、特定動物を飼養・保管を行う施設(特定飼養施設)には施設基準が定められており、施設基準に合致しない施設では、特定動物の飼養・保管はできませんので、施設を確定する前に最寄りの保健所(甲斐市、中央市、昭和町の場合は動物愛護指導センター、甲府市は甲府市健康支援センター。以下、同じ)にお問い合わせください。 

なお、申請時の内容に変更が生じる場合には、申請や届出が必要となりますので、変更の予定がある場合には、あらかじめ最寄りの保健所にお問い合わせください。

令和2年6月1日より愛玩目的で、特定動物の飼養はできなくなりました。また、1代交雑種も特定動物に含まれることとなりました。

 

 特定動物の飼養・保管を行う場合の遵守事項はこちら

 保健所等の問い合わせ先はこちら

飼養許可申請について

特定動物の飼養又は保管を行おうとする前に、飼養する施設及び飼養する種類ごとに申請が必要です。

特定動物の飼養又は保管は、許可証が交付されてからでなければ行うことができません。

また、飼養・保管許可の有効期間は3年間ですので、許可の有効期間の満了後も引き続き特定動物の飼養・保管を継続する場合には、新たに飼養・保管の許可申請が必要となります。

 

申請等に必要な様式はこちら

申請書類等について

  • 特定動物飼養・保管許可申請書 (様式第14号)
  • 特定飼養施設の構造及び規模を示す図面
  • 特定飼養施設の写真
  • 特定飼養施設の付近の見取り図
  • 申請者(法人の場合は、当該法人の役員も含めて)が法27条第1項第2号イからハまでに該当しないことを示す書類(参考様式第4)
  • 個体識別番号に係る証明書(特定動物の識別処理をしている場合)
  • 特定動物の飼養・保管に係る管理の体制を記載した書類 (管理責任者以外以外に特定動物の飼養・保管を行う者がいる場合)
  • 特定飼養施設の保守点検に係る計画 
  • その他必要な書類 

申請に要する経費

1つの申請につき18,000円(山梨県証紙)かかります。

山梨県証紙は各保健所(動物愛護指導センター除く)で販売していますが、その他の場所については、こちらを参照してください。

 

個体識別措置の届出について

飼養・保管の許可を受けた特定動物には、飼養開始後30日以内にマイクロチップ等による識別措置を実施し、許可を受けた保健所に届け出なくてはなりません。

 

申請等に必要な様式はこちら

個体識別措置の方法

 

動物の種類

必要な識別措置

哺乳類 マイクロチップ
鳥類 マイクロチップ又は脚環
爬虫類 マイクロチップ

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部衛生薬務課 担当:乳肉衛生・動物愛護担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1489   ファクス番号:055(223)1492

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを見た人はこんなページも見ています

県の取り組み

pagetop