トップ > まちづくり・環境 > 河川・砂防・治山 > ダム事業 > ようこそ!深城ダムへ!! > ダム湖名(シオジの森ふかしろ湖)の由来

更新日:2013年1月8日

ここから本文です。

ダム湖名(シオジの森ふかしろ湖)の由来

ダム湖名の由来

深城ダムの湖の名前は、『シオジの森ふかしろ湖』といいます。

深城ダム上流域には、「シオジ」の天然林がたくましく生育し、古くから水源涵養林として地域の人々に守られてきました。ダム建設により、故郷を離れた人々が住み慣れた集落の地名「深城」とともに、湖名が地域に親しまれ、永く語り継がれることを願い、命名しました。

湖名碑(表)湖名碑(裏)

写真は左が「湖名碑」、右が湖名碑裏に設置の「湖名の命名の由来説明板」

シオジとは

『シオジ【塩地】』とはモクセイ科の落葉高木で、樹高が30m、直径が1m程度まで生長する植物であり、花弁のない白花をつけます。

以前は家具、スキーの板、バットなどに使用されましたが、現在は大切に保護されています。

深城ダム上流にはシオジの天然林が群生している「小金沢シオジの森」があります。

シオジの木シオジの葉

写真は左が「シオジの木」、右が「シオジの葉(拡大)」です。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部深城ダム管理事務所 
住所:〒409-0626 大月市七保町瀬戸2308-11
電話番号:0554(24)7062   ファクス番号:0554(24)7072

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について