トップ > くらし・防災 > 防災 > 防災計画・マニュアル > 浸水想定区域図、洪水ハザードマップ

更新日:2019年7月19日

ここから本文です。

浸水想定区域図、洪水ハザードマップ

水防法では、過去の豪雨災害を踏まえ、効果的な住民等の避難確保のため、洪水予報河川及び水位情報周知河川について次の項目等を義務付けています。

  • 河川管理者は、想定最大規模の降雨による浸水想定区域を指定
  • 市町村は、一般の住民に周知するためのハザードマップを作成する等の措置を講じること

 

山梨県では、県が管理する河川のうち、2河川を洪水予報河川、12河川を水位周知河川に指定し、洪水浸水想定区域等の図面を公表しています。

【洪水予報河川】荒川、塩川

【水位周知河川】濁川、平等川、相川、滝沢川、坪川、芦川、滝戸川、境川、釜無川、日川、重川、御勅使川

 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部治水課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1700   ファクス番号:055(223)1704

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について