トップ > 医療・健康・福祉 > 福祉 > 障害福祉 > 障害福祉その他 > 「やまなし思いやりパーキング制度」の実施について

  • 相談窓口
  • 申請・届出
  • 統計・調査
  • イベント
  • よくある質問
  • 計画

ここから本文です。

更新日:2016年3月23日

「やまなし思いやりパーキング制度」の実施について

公共的な施設に設置された障害者マークがある駐車場(いわゆる障害者用駐車場)に障害のない人が駐車するため、障害のある人から「止められない」という多くの声を聞きます。

そこで、この駐車場(思いやり駐車区画)を利用可能な人を明確にして、利用証(パーキングパーミット)を交付することで、本当に思いやり駐車区画を必要としている人が利用できるようにします。

この取り組みを通じて、障害のない人の駐車をなくすだけでなく、山梨に住んでいる人が思いやりの心を持ち、誰もが安心して暮らしていける社会の実現を目指します。

制度の概要

次のチラシをご参照ください。

制度の実施要綱

対象となる駐車施設

「思いやり駐車区画」の目印ステッカーが掲示されている駐車場です。県立施設以外の駐車場の管理者の方は、県と協定を結んでいただいております。利用できる駐車場は、次のとおりです。

駐車区画表示

「思いやり駐車区画」の目印ステッカー

協力施設を常時募集しています!!

御協力いただける施設がありましたら、県障害福祉課企画推進担当までご連絡ください。

電話:055-223-1460

利用証の交付対象

身体障害のある人、知的障害のある人、精神障害のある人、難病患者、高齢者、妊産婦、発達障害のある人、けが人などで、歩行が困難な方です。(詳細は次のとおりです)

利用証交付の申込み

申請書に必要事項を記入し、別表1に記載されている必要書類を持参のうえ、申請窓口にお越しください。

  1. 利用証申請の手続き(詳細は次のとおり)
    1. 新規交付の場合
    2. 再交付の場合
      • 新規交付の場合に準じて、受付窓口で手続願います。
    3. 申請窓口
      • 県内各市町村福祉担当課窓口の他、県保健福祉事務所においても申請を受け付けます。
      • 郵送、FAX、メールにて申請を行う場合は、県障害福祉課に申請書と手帳等の確認書類の写しを送付してください。
  2. 申請様式
    1. 交付申請書(ワード:42KB)
    2. 再交付申請書(ワード:39KB)
  3. 使用上の注意事項
    1. この利用証を使って、道路交通法に基づく道路上の駐車禁止の除外を受けることはできません。
    2. 駐車場が有料の場合、この利用証を使って割引などを受けることははできません。
    3. この利用証は、交付された本人が、運転又は同乗する車両でのみ使用可能です。
    4. 利用対象者でなくなった場合や必要がなくなった場合は、すみやかに交付を受けた窓口に返却してください。
  4. その他
    1. 傷病人等の方が申請される場合、歩行困難な期間が明示された医師の意見書等が必要です。医師の意見書等が必要な方は次の対象者一覧表のとおりです。また、意見書は次の様式を参考にしてください。
    2. 申請手数料は無料ですが、確認書類の取得に係る経費は自己負担となります。
    3. 利用証は原則即日交付します。(確認のため後日となることがあります。)
    4. 代理申請も可能です。その場合は、代理人の方の身分証明書(運転免許証、健康保険証)の提示をお願いします。

  

長期利用証

「長期利用証」

短期利用証

「短期利用証」

 

ここまで本文です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連するよくあるお問い合わせ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部障害福祉課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1460   ファックス番号:055(223)1464

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 緊急・災害情報
  • やまなし防災ポータル

山梨の魅力

  • イベントカレンダー
  • 広報(広報誌・広報番組・発表資料)
  • よくあるお問い合わせ
  • 各種お問い合わせ

広告スペース

広告掲載について