更新日:2019年9月5日

ここから本文です。

不正軽油の撲滅について

不正軽油撲滅のために

不正軽油とは、軽油に課される税金を逃れることを目的として、軽油に灯油や重油などを不正に混ぜて、軽油と称して販売・使用する軽油のことです。

不正軽油は悪質な脱税行為です!

軽油には、1リットル当たり32円10銭の軽油引取税が課税されていますが、不正軽油の原材料となる灯油やA重油などには課税されていないため、軽油に他の油などを混ぜることは、脱税行為となります。

不正軽油は大気汚染の一因です!

不正軽油をディーゼル燃料として使用すると、排気ガス中のPM(粒子状物質)やNOx(窒素酸化物)を増加させ、大気汚染の原因となります。

不正軽油は不法投棄の一因です!

不正軽油の製造過程で排出される硫酸ピッチなどの産業廃棄物は、ほとんどが不法投棄されており、全国的に問題になっています。

不正軽油はエンジン損傷の一因です!

不正軽油を使用すると、自動車の本来の性能が発揮できなくなるほか、エンジンの不具合や損傷の原因になることがあります。

不正軽油は市場競争を阻害します!

不当に安価な不正軽油が流通することにより、公正な市場競争が阻害されます。

 

県では、不正軽油を

「作らない」・「売らない」・「買わない」・「使わない」

をスローガンに、県内での不正軽油の撲滅を目指します。

不正軽油撲滅のための取り組み

路上抜取調査

公道を走行しているディーゼル車両に協力を要請し、燃料の一部を抜き取ったうえで、灯油等の混和がないか調査します。不正軽油発見に非常に有効な手段であり、全国で実施されています。

山梨県では、以下のとおり調査を実施しました。調査にご協力いただき、ありがとうございました。

 

  • 山梨県・国土交通省合同路上抜取調査(令和元年9月2日実施) 

 税務課・総合県税事務所軽油引取税課では、不正軽油の発見及び未然防止のため、車両街頭検査を行う国土交通省山梨運輸支局と合同で、令和元年9月2日(月)に幹線道路で軽油の抜取調査を行いました。

国交省

 

  • 山梨県・長野県合同路上抜取調査(令和元年7月9日実施)

 税務課・総合県税事務所軽油引取税課では、不正軽油の発見及び未然防止のため、令和元年7月9日(火)に長野県と合同で、中央道パーキングエリア上下線で軽油の抜取調査を行いました。

抜き取り写真

 

  • 関東甲信越ブロック一斉路上抜取調査(令和元年6月18日実施)

 税務課・総合県税事務所軽油引取税課では、不正軽油の発見及び未然防止のため、令和元年6月18日(火)に警察署と協力して、幹線道路で軽油の抜取調査を行いました。

関ブロ抜き取り

 

 

  • 国土交通省合同路上抜取調査(平成30年9月7日実施)

  税務課・総合県税事務所軽油引取税課では、不正軽油の発見及び未然防止のため、9月7日金曜日に国土交通省と合同で幹線道路において軽油の抜取調査を行いました。

国交省合同抜取

 

  • 全国一斉路上抜取調査(平成30年10月18日)

 10月の「不正軽油撲滅強化月間」に合わせ、10月18日に全国47都道府県が一斉に路上抜取調査を実施しました。山梨県では、警察と協力して、幹線道路において軽油の抜取調査を行いました。

全国一斉

 

  • 公共工事軽油抜取調査

 総合県税事務所軽油引取税課では、不正軽油の発見及び未然防止のため、公共工事現場において、車両及び建設機械から軽油の抜取調査を行いました。

  公共工事

 

  • 東京都・山梨県合同軽油抜取調査

 山梨県では、広域的に流通する不正軽油の防止のため、東京都と合同で中央自動車道サービスエリアにおいて軽油の抜取を行いました。

 掲示

 抜き取り

抜き取り2

 

  • 工事現場軽油抜取調査

 総合県税事務所軽油引取税課では、不正軽油の発見及び未然防止のため、県内の工事現場において、車両及び建設機械から軽油の抜取調査を行いました。

公共工事現場抜取

 

  • 山梨県・国土交通省合同検査

 総合県税事務所軽油引取税課では、車両街頭検査を行う国土交通省山梨運輸支局と合同で、不正軽油の使用・流通の阻止のため、経由の抜き取り調査を行いました。

昭和IC

 

 

不正軽油対策ポスター・チラシの配布

山梨県不正軽油対策協議会の構成員である各業界団体を通じ、不正軽油対策ポスターおよびチラシを配布し、不正軽油に対する啓発活動を行っています。

  •  平成30年度不正軽油対策チラシ

 H30チラシ表H30チラシ裏

毎年10月は「全国不正軽油撲滅強化月間」です

毎年10月は、「全国不正軽油撲滅強化月間」です。山梨県不正軽油対策協議会では、不正軽油撲滅強化月間に合わせて、抜取調査など不正軽油の取締りを強化する取り組みを実施しています。

軽油路上抜取調査

全国一斉路上抜取調査(平成30年10月18日)

広報活動

 県と関係団体とで構成する山梨県不正軽油対策協議会では、「不正軽油を作らない、売らない、買わない、使わない」をスローガンに、不正軽油の撲滅に取り組んでいます。

 10月は「不正軽油撲滅強化月間」として取り組みを強化しており、その取り組みの一環として、不正軽油について一般の方に知ってもらうため、10月19日に中央道双葉サービスエリアにおいて、啓発活動を行いました。

 サービスエリア内に駐車している軽油車両の運転手さんと、一般利用客に対してチラシとポケットティッシュを配布しました。

 チラシトラック

不正軽油に関する情報を「不正軽油110番」までお寄せください。

不正軽油110番

山梨県総合県税事務所軽油引取税課内Tel.055-261-9123

平日の午前8時30分から午後5時15分まで受け付けています。

不正軽油に関する罰則について

なお、不正ガソリンに関する情報については、国税庁までお知らせください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総務部税務課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1386   ファクス番号:055(223)1390

山梨県総務部総合県税事務所 
住所:〒406-8601 笛吹市石和町広瀬785
電話番号:055(261)9111   ファクス番号:055(261)9127

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について