更新日:2016年3月8日

ここから本文です。

不正軽油に関する罰則について

「不正軽油」に関わる全ての人が罰則の対象になります!

軽油引取税の脱税(地方税法第144条の41)

軽油引取税を脱税すると、10年以下の懲役、若しくは1,000万円以下の罰金、又は両方が科されます。なお、脱税額が1,000万円を超える場合には、脱税額相当の罰金が科せられます。

不正軽油の製造(地方税法第144条の33)

知事による製造の承認を受けないで軽油を製造すると、10年以下の懲役、若しくは1,000万円以下の罰金、又は両方が科されます。さらに製造した法人には、3億円以下の罰金が科されます。

検査拒否等(地方税法第144条の12)

帳簿書類等の調査や採油、質問などの拒否や、虚偽の記載がされた帳簿書類等の提出、質問に対する虚偽の答弁をすると、1年以下の懲役、又は50万円以下の罰金が科されます。

不正軽油の運搬・保管、購入・販売(地方税法第144条の33)

不正軽油と知って運搬・保管、購入・販売すると、3年以下の懲役、若しくは300万円以下の罰金、又は両方が科されます。さらに法人には、1億円以下の罰金が科されます。

不正軽油の原材料等の供給(地方税法第144条の33)

不正軽油の製造に使われることを知って、原材料(重油等)・薬品・資金・土地・建物・車両・機械等を提供・運搬すると、7年以下の懲役、若しくは700万円以下の罰金、又は両方が科されます。さらに法人には、2億円以下の罰金が科されます。

その他

納税義務者が特定できないとき又はその所在が明らかでないとき、加担者(受託製造者、施設・設備貸付者)は、納税義務者と連帯して納付する義務を負います。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総務部税務課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1386   ファクス番号:055(223)1390

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について