トップ > まちづくり・環境 > 環境保全 > 大気汚染 > PM2.5に関する「注意喚起の予報」について

更新日:2014年12月8日

ここから本文です。

PM2.5に関する「注意喚起の予報」について

PM2.5の日平均値が70μg/m3を超えるおそれがあるとき、「注意喚起の予報」を発令します。

注意喚起は、環境省が設置した「微小粒子状物質(PM2.5)に関する専門家会合」で定められた「注意喚起のための暫定的な指針」に基づいています。この指針値は、健康影響が出現する可能性が高くなる濃度水準としています。

山梨県は、県内を「中西部地域」と「東部富士五湖地域」の2地域を単位に発令します。

発令地域

地域の範囲

中西部地域 甲府市、山梨市、韮崎市、南アルプス市、北杜市、甲斐市、笛吹市、甲州市、中央市、市川三郷町、早川町、身延町、南部町、富士川町、昭和町
(いずれの市町も全域)
東部富士五湖地域 富士吉田市、都留市、大月市、上野原市、道志村、西桂町、忍野村、山中湖村、鳴沢村、富士河口湖町、小菅村、丹波山村(いずれの市町村も全域)

発令の基準

注意喚起の予報は発令を行った当日のみ適用します。また、日中にPM2.5濃度が改善した場合は注意喚起の予報を解除します。

中西部地域

午前中の早めの時間での発令の判断

中西部地域内の4測定点において、午前5時から午前7時までの1時間値を平均し、それらのうち2番目に大きい数値が、85μg/m3を超えた場合。

中西部午前中の早めの時間での判断

午後からの活動に備えた発令の判断

中西部地域内の4測定点のいずれかにおいて、午前5時から午前12時までの1時間値の平均値が、80μg/m3を超えた場合。

中西部午後からの活動に備えた判断

東部富士五湖地域

午前中の早めの時間での発令の判断

東部富士五湖地域内の2測定点において、午前5時から午前7時までの1時間値を平均し、それらの平均値が、85μg/m3を超えた場合。

東部富士五湖午前中の早めの時間での判断

 

午後からの活動に備えた発令の判断

東部富士五湖地域内の測定点のいずれかにおいて、午前5時から午前12時までの1時間値の平均値が、80μg/m3を超えた場合。

東部富士五湖午後からの活動に備えた判断

発令されたら、次の対応をお願いします。

山梨県は「注意喚起の予報」の発令を、市町村、報道機関、県関係機関等を通じて、県民の皆様にお知らせします。

健康への影響を減らすため、次の対応をお願いします。

  • 不要不急の外出をできるだけ減らすようにする。
  • 外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らすようにする。
  • 換気や窓の開閉を必要最小限にする。
  • 呼吸器系や循環器系の疾患のある方、子供や高齢の方は影響を受けやすく、個人差も大きいと考えられるため、日頃から健康管理に努めることや、体調の変化に注意する。
  • PM2.5の被害等に関する問い合わせは、大気水質保全課または最寄りの林務環境事務所に相談する。

解除の基準

判断基準値を超過した基準測定点において、PM2.5濃度の1時間値が2時間連続して50μg/m3以下となり、全ての基準測定点の濃度が改善したと認められるとき、注意喚起の予報を解除します。

解除の基準

 

測定値について

測定値についてはこちらをご覧ください。

関係先リンク

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部大気水質保全課 担当:大気担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1510   ファクス番号:055(223)1512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について