今から約1000年前、御岳昇仙峡の奥地金峰山で水晶の原石が発見されたことが、甲府での水晶細工の起源です。江戸時代の天保年間、京都より玉造りの職人を迎え、鉄板の上に金剛砂をまいて水晶を磨く方法を考案したのが水晶細工の始まりでした。
そして、安政年間(1850年頃)には水晶や翡翠を使った数珠や帯留め、根付けなどの注文があり、産地として確立していたことは、土屋家(現土屋華章製作所)の蔓注文帳にしっかりとした記録として残っています。

大正初期には南米やアフリカ諸国から水晶や瑪瑙、虎目石などが輸入され、設備の電化などもあって、より精密で高度な技術が確立され、美術工芸品や装身具を生産するようになりました。
こうした作品は第1回パリ万博にも出展され、水晶彫刻研磨の技術は世界の目に触れることとなり、大好評を得ることとなります。

戦後は、輸出が急増し製品の80%は海外向けでしたが、昭和50年代のドルショックを境に高度な技術を駆使した国内向けの美術品を生産し、工芸品から芸術作品へとその質を高めています。

 

素材が天然石であるために、大きさや形が限定されます。水晶の硬度はガラスに比べ倍以上も硬いため、加工は大変困難で形作りには非常に時間を要します。

石の種類によりその組成が異なるため、粘り強い石、もろい石などがあり、加工には細心の注意と根気強さが要求され、最終仕上げに進むまでは決して気が抜けません。