トップ > くらし・防災 > 防犯・交通安全 > 安全・安心なまちづくり > 令和元年度安全・安心なまちづくり山梨県民大会の開催結果

更新日:2019年10月21日

ここから本文です。

 

令和元年度 安全・安心なまちづくり山梨県民大会の開催結果

令和元年10月16日(水曜日)、桃源文化会館桃源ホールにおいて、山梨県、山梨県教育委員会、山梨県警察、山梨県暴力追放運動推進センター、山梨県防犯協会、山梨県銃器対策推進本部の主催による「令和元年度 安全・安心なまちづくり山梨県民大会 ~地域安全・暴力追放~」を開催しました。

大会の第一部では、主催者あいさつ、各種表彰、御来賓からの祝辞、大会宣言等を行い、第二部では、講演、防犯弁論発表を行いました。 

第一部

第一部は、主催者として長崎幸太郎知事、原幸太郎警察本部長のあいさつの後、「山梨県安全・安心なまちづくり表彰」「暴力追放功労者・団体表彰」「防犯協力功労県民・優良団体表彰」が長崎知事、原警察本部長等から贈られました。

また、令和元年全国地域安全運動中央大会等において表彰された「防犯栄誉章」他各種表彰の伝達も行われました。

 

 R1_kenmintaisaki

 

 当日御来賓として出席いただいた、遠藤浩山梨県議会副議長、宮川博行甲府地方検察庁検事正から御祝辞をいただいた後、武田信彦山梨県公安委員長、金丸一元南アルプス市長を御紹介しました。

 その後、主催者として、青柳達也教育監、進藤中山梨県暴力追放運動推進センター理事長、丸茂紀彦山梨県防犯協会会長を紹介しました。

大会宣言

大会参加者代表から

 1、地域における事件、事故を防止するため「自らの安全は自ら守る。」地域安全運動を推進すること。

 2、地域社会から暴力団を追放するため、「暴力団を利用しない」、「暴力団を恐れない」、「暴力団に金を出さない」の暴力追放三ない運動を推進するとともに、「暴力団とは交際しない」こと。

 3、違法銃器による悲しい事故を防ぐため、違法銃器の根絶を目指す、安全・安心なまちづくりのための対策を推進すること。

などの大会宣言を提案したところ、盛大な拍手のもと、満場一致で承認していただきました。 

 

     大会宣言文(PDF:111KB)

 

第二部

講演

山梨県弁護士会 民事介入暴力被害者救済センター運営委員会委員 弁護士 田中謙一氏より「暴力団にお金を渡さない~振り込め詐欺被害防止・救済を目指して~」と題してお話しをいただきました。

防犯弁論

9月26日に開催された「第39回少年を非行から守る中学生防犯弁論大会」の最優秀を受賞した上野原西中学校の佐藤はなさんに、「『おはよう』 その一言が」の演題で発表をしていただきました。

 大会スローガン

 山梨県「地域から 広げる安全 まちづくり」

 山梨県警察「みんなで築こう 安全・安心 やまなしけん」

 山梨県防犯協会「子どもらを 見守りながらの ウォーキング」

 山梨県暴力追放運動推進センター「暴力団 利用しない・恐れない・金を出さない・交際しない」

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民安全協働課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1352   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について