トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 遺跡トピックスNo.0336天神遺跡

更新日:2017年5月17日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0336天神遺跡(北杜市)

北杜市の遺跡

0002甲ッ原遺跡-埋甕-
0009横針前久保遺跡-石器-
0018金生遺跡-中空土偶-
0031天神遺跡-硬玉製大珠-
0050天神遺跡-石匙-
0336天神遺跡-集落跡-
0057丘の公園第2遺跡-石器-
0134丘の公園第2遺跡ほか-陥し穴-
0075原町農業高校前遺跡-縄文土器-
0076原町農業高校前遺跡-縄文土器-
0109原町農業高校前(下原)遺跡-陥し穴-
0115原町農業高校前遺跡-人面装飾付土器-
0137原町農業高校前遺跡-人面装飾付土器-
0094清里バイパス第1遺跡-陥し穴-
0112海道前C遺跡-人面装飾付土器-
0254海道前C遺跡-抽象文土器-
0138甲ッ原遺跡-縄文時代前期初頭の住居-
0142金生遺跡-耳飾り-
0169甲ッ原遺跡-石皿とすり石-
0212甲ッ原遺跡-琥珀垂飾について-
0294甲ッ原遺跡-漆が塗られた土器片-
0405甲ッ原遺跡-特殊脚付鉢-
0226塩川遺跡-中世の調理器具-
0236天神遺跡-日本最古のヒスイのペンダント-
0237酒呑場遺跡-マメの圧痕-
0308酒呑場遺跡-火焔型土器-
0316酒呑場遺跡-産まれる縄文人-
0319酒呑場遺跡-海へのあこがれ-
0239甲ッ原遺跡-縄文時代前期初頭の住居跡と土器-
0271金生遺跡-鉄釉兎形水滴-
0272中込遺跡-絡条体圧痕文土器-
0315郷蔵地遺跡-敷石住居-
0323金生遺跡-縄文ランドスケープ-
0328酒呑場遺跡-酒呑場遺跡で見つかった『謎』の土器片-
0399酒呑場遺跡-豊かな縄文時代中期文化を代表する683点の出土品-
0338柳坪遺跡-縄文時代中期の土器-
0377丘の公園14番ホール遺跡-長大な石槍で狩りをする人々の15000年前の石器作り工房跡-
0380日影田遺跡-住居跡と炉-

天神遺跡全景写真

天神遺跡は、八ヶ岳南麓の標高800~850mの尾根上に位置します。C地区では縄文時代前期後半(今から約6,000年前)の住居跡が49軒検出されたほか、土坑が488基検出され、その多くがお墓と考えられています。土坑は環状に分布する住居跡の内側に密集して検出されたものが主体となり、当時の典型的な大規模集落の形状を示しています。

天神遺跡で発掘された縄文時代前期後半の住居跡について

今回紹介する縄文時代前期後半の住居跡は第18号住居跡です。写真がその住居跡です。山梨県内で縄文時代の住居跡というとその形状が円形や楕円形のものが一般的ですが、この住居跡は直径が約4.2mの円形のプランとなり、その典型といえましょう。炉の跡は地床炉(じしょうろ)と呼ばれ、床が火を受けて赤くなったもので、住居跡の中心より南西側で検出されました。柱の穴の跡は深さ30cm前後の穴が4~5基検出されており、それが主だったものと考えられます。また、住居跡の内側に所々大きな自然石が露出していますが、当時の人々はこれらの自然石をどうしたのでしょうか?大きな謎です。

天神遺跡18号住居跡

写真:縄文時代前期後半の第18号住居跡

天神遺跡で発掘された縄文時代前期後半のお墓

天神遺跡では、土坑が488基検出されました。土坑の多くが直径1~2m程度の円形や楕円形をしています。密集して検出されるものが多く、副葬品と考えられる。ヒスイ製ペンダントなどが出土しているものがみられ、当時のお墓と考えら得るものが主体となります。

天神遺跡の土坑群

写真:天神遺跡で検出された土坑群

土坑から出土した日本でも最古級のヒスイ製ペンダント

お墓と考えられる土坑からは、副葬品と考えられる貴重なヒスイ製のペンダントが出土したものがあります。この土坑からは、縄文時代前期後半の土器も出土していることからペンダントの時期もほぼ同時期のものと考えられます。ヒスイ製ペンダントは縄文時代中期から多く見られるようになることから、このペンダントは国内でも最古級のものとなり、大変注目されます。この貴重なペンダントを身に着けていた人は集落のリーダー的存在だったかもしれません。
ヒスイ出土状況ヒスイ製ペンダント

写真左:ヒスイ製ペンダントが出土した土坑

写真右:ヒスイ製ペンダント

天神遺跡について

県営圃場整備事業に伴い、A・B・Cの3地区に分かれ調査が行われました。C地区は1982年(昭和57年)に、他の地区の調査は前年に行われ、縄文時代中期や平安時代の遺構、遺物も検出されています。その後、1993年(平成5年)には旧大泉村教育委員会(現在の北杜市)によってC地区の北側が調査され、C地区と同時期の住居跡3軒のほか、土坑60基あまりが検出され、集落がされに広がることがわかっています。

所在地北杜市大泉町西井出字天神

時代縄文時代前~中期・平安時代

調査期間天神遺跡C地区1982年5月18日~10月28日

報告書山梨県教育委員会1994『天神遺跡』山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第97集

関連トピックスリンク:遺跡トピックスNo.0031遺跡トピックスNo.0050

 

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について