更新日:2017年6月13日

ここから本文です。

埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0288稲山遺跡

笛吹市の遺跡

  • 0014経塚古墳-復元古墳-
  • 0217経塚古墳-内部構造-
  • 0251経塚古墳-石室の石積み-
  • 0280経塚古墳-列石-
  • 0396経塚古墳-八角形の意味-
  • 0019桂野遺跡-石皿・磨石-
  • 0100桂野遺跡-陥し穴-
  • 0111桂野遺跡-前期土偶-
  • 0262桂野遺跡-縄文時代前期の住居跡-
  • 0265桂野遺跡-土器に描かれた物語-
  • 0020四ツ塚古墳群-玉類-
  • 0235四ツ塚古墳群-装身具-
  • 0022狐原遺跡-墨書土器-
  • 0059平林2号墳-副葬品-
  • 0079平林2号墳-青銅鏡-
  • 0102平林2号墳-ガラス玉-
  • 0202平林2号墳-馬具類や装身具類-
  • 0240平林2号墳-勾玉-
  • 0337平林2号墳-勾玉-
  • 0081身洗沢遺跡-田んぼと木製品-
  • 0230身洗沢遺跡-プラント・オパール-
  • 0339身洗沢遺跡-農具の今と昔-
  • 0125水口遺跡-柄鏡形敷石住居跡(1号住居跡)-
  • 0355水口遺跡-敷石住居跡(3号住居跡)-
  • 0135花鳥山遺跡-エゴマ種子塊-
  • 0194花鳥山遺跡-縄文時代の食生活を知る遺物-
  • 0199花鳥山遺跡-世界最大級の縄文土器?-
  • 0406花鳥山遺跡-耳飾り-
  • 0145竜安寺川西遺跡-発掘調査速報-
  • 0155竜安寺川西遺跡-発掘調査速報2-
  • 0165竜安寺川西遺跡-発掘調査速報3-
  • 0179竜安寺川西遺跡-ミニチュア土器-
  • 0147境川中丸遺跡-発掘調査速報-
  • 0157境川中丸遺跡-発掘調査速報-
  • 0181境川中丸遺跡-S字状口縁台付甕-
  • 0148一の沢遺跡-縄文時代中期の住居-
  • 0293一の沢西遺跡-ヒトをモチーフにした土器-
  • 0307一の沢遺跡-縄文土器-
  • 0350一の沢遺跡-みんなで応援しよう!「ミュージアムキャラクターアワード2012」のいっちゃん-
  • 0150稲山遺跡-発掘調査速報-
  • 0160稲山遺跡-発掘調査速報2-
  • 0170稲山遺跡-発掘調査速報3-
  • 0209稲山遺跡-常滑甕-
  • 0229稲山遺跡-すり鉢-
  • 0288稲山遺跡-かわらけ-
  • 0151三光遺跡-発掘調査速報-
  • 0166三光遺跡-発掘調査速報5-
  • 0171三光遺跡-発掘調査速報6-
  • 0186三光遺跡-耳飾り他-
  • 0173二之宮遺跡-食材をふかす道具-
  • 0284二之宮遺跡-置きカマド-
  • 0219亀甲塚古墳-盤龍鏡-
  • 0264亀甲塚古墳-碧玉製管玉-
  • 0234御坂中丸遺跡-縄文時代早期-
  • 0275馬乗山2号墳-甲府盆地最後の前方後円墳-
  • 0331地耕免遺跡-斎串と馬の歯-
  • 0354中丸東遺跡-縄文時代前期の土器と古墳時代の住居跡-
  • 0356石橋条里制遺構-古代の土地区画整理-
  • 0371太鼓畑遺跡-調査概要-
  • 0382六ッ長遺跡-調査概要-

稲山遺跡概要

稲山遺跡は、山梨リニア実験線建設に伴って平成20年度に発掘調査が行われ、縄文時代前期末~中期初頭(約5,500~5,000年前)の住居跡や集石土坑土坑、また、中世(約700~400年前)の地下式土坑や溝状遺構など検出されました。
約半年間で行われた調査の結果、稲山遺跡は中世主体の遺跡であることがわかり、周辺部の歴史的環境を考える上で、重要な発見となりました。

遺跡トピックスNo.150No.160No.170No.209No.229

0288_稲山遺跡上空

所在地山梨県笛吹市八代町岡字稲山1903-2外
◆時代縄文時代・中世
◆調査機関山梨県埋蔵文化財センター
◆報告書山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第272集2011年3月刊行

稲山遺跡出土のかわらけ

0288_稲山_ロクロかわらけ0288_稲山_かわらけいろいろ

かわらけとは?

かわらけは、小さな皿の形をした釉薬(うわぐすり)をかけていない素焼きの土器をいい、、一般的には物を盛るための器とされ、食器の他、儀式や祭祀(さいし)に使われていたものとされます。
大きさは、8cm~15cm程度で様々なものがあり、現在の茶碗の深い形のものや、醤油のつけ皿のように浅く皿形をしたものがあり、器の厚さも薄いものから、厚ぼったいものもみられます。

かわらけの作り方

稲山遺跡から出土したものを観察すると、ロクロづくりによるものと、手づくねによる2種類の作り方がみられます。
ロクロづくりは、回転台の上に粘土の固まりをのせ、形をつくり、台を回しながら糸を使って台から切り離し、日陰で乾燥し、焼かれます。手づくねのかわらけは、回転台を使わず、粘土の固まりを人の肘(ひじ)や、膝(ひざ)にあてて丸みをつくり、成形します。あとは、同じように焼かれます。

0288_稲山_手づくね0288_稲山_手づくね2

かわらけの用途

前述したように、食器としてや儀式や祭祀に使われていたとされますが、このほかにも、土器の観察をしていく中で何に使われていたか、わかるものもあります。その代表的な物の中に、かわらけの口の部分に黒いタール状のものが付着しているものがよく見られます。これは、灯明皿(とうみょうざら)と言って、かわらけに油を注ぎ、口の部分に芯をのばし、芯の先に火をつけて、明かりを灯すものですが、そのときのススや油カス等が付着した物です。灯明は、神仏にそなえる明かりですが、一般の室内にも使われていたと考えられます。
また、寺院跡や城跡等の遺跡からまとまって出土するときがあります。これは、宴(儀式)等の場で、使い捨ての物として利用されていたと考えられています。
なにか、もったいないような気がしませんか?

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について