更新日:2017年5月18日

ここから本文です。

まいぶん用語集_さ行_集石土坑(しゅうせきどこう)

索引

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

集石は、縄文時代早期・前期(約5,000~6,000年前)によく見られるもので、蒸焼きや石焼きなどの調理を行った跡と言われています。集石には、いくつかのパターン(時代により使用目的や用途は異なります。)がありまが、穴を掘った後、その中に表面が平らな石を敷き詰めて、その上に焼けた石を並べたものがほとんどでした。穴を掘っていることから集石土坑(しゅうせきどこう)と呼んでいます。

集石土坑1

中谷遺跡(都留市小形山瀬木)の集石土坑(左)、集石土坑の断面(右)

関連遺跡トピックス→No.016001700171017402040263028803850390

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について