トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0271金生遺跡

更新日:2017年5月24日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0271金生遺跡

北杜市の遺跡

0002甲ッ原遺跡-埋甕-
0009横針前久保遺跡-石器-
0018金生遺跡-中空土偶-
0031天神遺跡-硬玉製大珠-
0050天神遺跡-石匙-
0336天神遺跡-集落跡-
0057丘の公園第2遺跡-石器-
0134丘の公園第2遺跡ほか-陥し穴-
0075原町農業高校前遺跡-縄文土器-
0076原町農業高校前遺跡-縄文土器-
0109原町農業高校前遺跡-陥し穴-
0115原町農業高校前遺跡-人面装飾付土器-
0137原町農業高校前遺跡-人面装飾付土器-
0094清里バイパス第1遺跡-陥し穴-
0112海道前C遺跡-人面装飾付土器-
0254海道前C遺跡-抽象文土器-
0138甲ッ原遺跡-縄文時代前期初頭の住居-
0142金生遺跡-耳飾り-
0169甲ッ原遺跡-石皿とすり石-
0212甲ッ原遺跡-琥珀垂飾について-
0294甲ッ原遺跡-漆が塗られた土器片-
0405甲ッ原遺跡-特殊脚付鉢-
0226塩川遺跡-中世の調理器具-
0236天神遺跡-最古のヒスイのペンダント-
0237酒呑場遺跡-マメの圧痕-
0308酒呑場遺跡-火焔型土器-
0316酒呑場遺跡-産まれる縄文人-
0319酒呑場遺跡-海へのあこがれ-
0239甲ッ原遺跡-住居跡と土器-
0271金生遺跡-鉄釉兎形水滴-
0272中込遺跡-絡条体圧痕文土器-
0315郷蔵地遺跡-敷石住居-
0323金生遺跡-縄文ランドスケープ-
0328酒呑場遺跡-見つかった土器片-
0399酒呑場遺跡-
0338柳坪遺跡-土器-
0377丘の公園14番ホール遺跡-石器作り工房跡-
0380日影田遺跡-住居跡と炉-

金生遺跡は、八ヶ岳南麓の標高770m付近の尾根上に位置しています。県営圃場整備事業に先立ち、1980年(昭和55年)に発掘調査が行われ、縄文時代のムラの跡と戦国時代の城館跡に関連する部分が発見されました。特に後者については、県指定史跡「深草館跡」の外郭部と見ることができるようです。今回は、この遺跡の戦国時代の遺構から出土した水滴について紹介したいと思います。

0271_金生遺跡調査風景

写真:調査風景

所在地北杜市大泉町谷戸字金生

時代縄文時代前期~晩期、平安時代、中世

調査機関山梨県埋蔵文化財センター

報告書山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第39集金生遺跡1.(中世編)

鉄釉兎形水滴

0271_金生遺跡水滴10271_金生遺跡水滴2

写真:鉄釉兎形水滴

水滴は、毛筆で文字を書くときに硯に注ぐ水を入れておくための容器です。器には二つの水孔(口と背中)があり、背中の水孔を指の腹で開閉させながら一滴二滴と水を滴(た)らすことで、水の量を調節することが可能です。

現在では、水滴の代わりにスポイトが使用されることが多いですが、金生遺跡からは16世紀の瀬戸・美濃焼の兎形と蟹形の2種類の水滴が確認されています。

いったいどのような人がこれを使ったのでしょうか?当時はかなり高価で貴重なものであったと思われます。

新年干支展

0271_干支展

写真:新年干支展

1月2日より県立考古博物館で、今回紹介した鉄釉兎形水滴をはじめ、平成23年の干支である卯年(ウサギ)にちなんだ収蔵品のミニ展示を行っています。

新年干支展は1月30日(日曜日)までとなっておりますので、ぜひ足をお運びください。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について