トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0264亀甲塚古墳

更新日:2017年6月19日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0264亀甲塚古墳出土の碧玉製管玉(へきぎょくせいくだたま)

笛吹市の遺跡

  • 0014経塚古墳-復元古墳-
  • 0217経塚古墳-内部構造-
  • 0251経塚古墳-石室の石積み-
  • 0280経塚古墳-列石-
  • 0396経塚古墳-八角形の意味-
  • 0019桂野遺跡-石皿・磨石-
  • 0100桂野遺跡-陥し穴-
  • 0111桂野遺跡-前期土偶-
  • 0262桂野遺跡-縄文時代の住居跡-
  • 0265桂野遺跡-土器に描かれた物語-
  • 0020四ツ塚古墳群-玉類-
  • 0235四ツ塚古墳群-装身具-
  • 0022狐原遺跡-墨書土器-
  • 0059平林2号墳-副葬品-
  • 0079平林2号墳-青銅鏡-
  • 0102平林2号墳-ガラス玉-
  • 0202平林2号墳-馬具類や装身具類-
  • 0240平林2号墳-勾玉-
  • 0337平林2号墳-勾玉-
  • 0081身洗沢遺跡-田んぼと木製品-
  • 0230身洗沢遺跡-プラント・オパール-
  • 0339身洗沢遺跡-農具の今と昔-
  • 0125水口遺跡-柄鏡形敷石住居跡(1号住居跡)-
  • 0355水口遺跡-敷石住居跡(3号住居跡)-
  • 0135花鳥山遺跡-エゴマ種子塊-
  • 0194花鳥山遺跡-縄文時代の食生活を知る遺物-
  • 0199花鳥山遺跡-世界最大級の縄文土器?-
  • 0406花鳥山遺跡-耳飾り-
  • 0145竜安寺川西遺跡-発掘調査速報-
  • 0155竜安寺川西遺跡-発掘調査速報2-
  • 0165竜安寺川西遺跡-発掘調査速報3-
  • 0179竜安寺川西遺跡-ミニチュア土器-
  • 0147境川中丸遺跡-発掘調査速報-
  • 0157境川中丸遺跡-発掘調査速報-
  • 0181境川中丸遺跡-S字状口縁台付甕-
  • 0148一の沢遺跡-縄文時代中期の住居-
  • 0293一の沢西遺跡-ヒトをモチーフにした土器-
  • 0307一の沢遺跡-縄文土器-
  • 0350一の沢遺跡-みんなで応援しよう!「ミュージアムキャラクターアワード2012」のいっちゃん-
  • 0150稲山遺跡-発掘調査速報-
  • 0160稲山遺跡-発掘調査速報2-
  • 0170稲山遺跡-発掘調査速報3-
  • 0209稲山遺跡-常滑甕-
  • 0229稲山遺跡-すり鉢-
  • 0288稲山遺跡-かわらけ-
  • 0151三光遺跡-発掘調査速報-
  • 0166三光遺跡-発掘調査速報5-
  • 0171三光遺跡-発掘調査速報6-
  • 0186三光遺跡-耳飾り他-
  • 0173二之宮遺跡-食材をふかす道具-
  • 0284二之宮遺跡-置きカマド-
  • 0219亀甲塚古墳-盤龍鏡-
  • 0264亀甲塚古墳-碧玉製管玉-
  • 0234御坂中丸遺跡-縄文時代早期-
  • 0275馬乗山2号墳-甲府盆地最後の前方後円墳-
  • 0331地耕免遺跡-斎串と馬の歯-
  • 0354中丸東遺跡-縄文時代前期の土器と古墳時代の住居跡-
  • 0356石橋条里制遺構-古代の土地区画整理-
  • 0371太鼓畑遺跡-調査概要-
  • 0382六ッ長遺跡-調査概要-

亀甲塚古墳(かめのこうづかこふん)

亀甲塚古墳は、笛吹市御坂町成田に所在しています。古墳の名称は「きっこうづか」とされることもあります。1948(昭和23)年に埋葬施設の発掘調査が行われ、副葬品としてここで紹介する管玉(くだたま)と盤龍鏡(ばんりゅうきょう)などが出土しています(トピックスNo.0219)。
また、1975(昭和50)年には墳丘の測量が行われましたが、不正形な楕円形をしており、造られた当時、この古墳が円墳なのか、帆立貝式の前方後円墳なのか、その形は現在も不明のままです。古い写真を見ると、方墳のようにも見えます。

古代の技術が語るもの

「管玉」は、孔(あな)を貫通させた円筒形の玉のことで、孔に紐(ひも)を通してつなげてネックレスとして、勾玉とともに弥生時代から古墳時代にかけて多用されたアクセサリーです。弥生時代のものは直径が細く、古墳時代の後半には太いものへと変化していきます。
また、古墳時代前期(3世紀後半~4世紀後半)では、ヒスイや碧玉(へきぎょく)・緑色凝灰岩(りょくしょくぎょうかいがん)など、北陸地方を中心に産出する緑色の石が特に好まれ、玉類のほかにもいくつかの製品があります。

 

0264_亀甲塚古墳管玉の写真

亀甲塚古墳出土の碧玉製管玉

 

 

亀甲塚古墳出土の管玉は53点が確認されており、長さは1センチ以下のものが11点、1~1.5センチのものが40点、1.5センチ以上のものが2点とばらつきがありますが、直径はいずれも3~4ミリと細く、これらは弥生時代の玉作り技術が残る管玉といえます。
当時、このように石を細く加工して孔をあける(穿孔:「せんこう」といいます)こと自体驚きですが、この穿孔方法には二通りあり、一般的には石の両側からあけて途中で貫通させる「両側(両面)穿孔」から、片側からあけてもう片側へ貫通させる「片側(片面)穿孔」へと変わっていきます。
亀甲塚古墳の管玉については、2002(平成14)年に撮影されたX線写真から、53点のうち、両端の孔が太く、中央が細い両側穿孔のものが33点、片側が太くもう片側が細い片側穿孔のものが20点あることが確認できました。
なお、東日本を代表する前期の大型前方後円墳、甲斐銚子塚古墳(4世紀後半:全長169メートル)の石室から出土した管玉は、すべて緑色凝灰岩製で、片側穿孔です。
それでは、この穿孔方法から、何がわかるのでしょうか。

 

 

0264_亀甲塚古墳管玉のX線写真

亀甲塚古墳出土管玉のX線写真(撮影:帝京大学山梨文化財研究所)

 

 

亀甲塚古墳は、現状では古墳時代中期の5世紀前半頃に造られた古墳と考えられています。それは、現在は所在不明の刀や鏃(やじり)などの他の副葬品との組合せや甲府盆地の古墳の分布を検討した結果として導き出されたものです。
しかし、技術的には新しい片側穿孔とともに弥生時代の系譜を引く両側穿孔の両方が見られる細い管玉は、甲府盆地出土の管玉の中でも古く、武器などの副葬品の詳細が不明である以上、盤龍鏡との組合せからも5世紀前半の古墳とすることには疑問があります。

 

つまり、細い管玉と穿孔方法から考えると、古墳時代前期(遅くとも4世紀代)にさかのぼる古墳である可能性が極めて大きいといえるのです。最終的には、発掘調査により墳丘の形態や埋葬施設の構造を明らかにすることで、古墳の築造年代を確定することになりますが、甲府盆地にはこのような古墳がまだ多くあるのが現状です。
その一方で、発掘調査や研究の進展により、古墳時代における列島各地域での様相はかなり異なることが明らかになり、近畿の中央(ヤマト)により統一された、かつてのような古墳時代像は見直されてきています。そして、古墳時代の社会が多様なあり方をしていたことを、今後もさまざまな視点から見直すことが必要です。

 

 

ここで紹介した管玉は、現在考古博物館で開催中の特別展「発掘された女性の系譜-女性・子ども・家族の造形-」で展示されています(11月28日まで)。特別展終了後は、盤龍鏡とともに常設展示で見ることができます。
特別展は、女性を取り上げたユニークな展示内容となっています。縄文時代の土偶をはじめ、人面付きの弥生土器、古墳でのマツリを彷彿とさせる埴輪群などなど、普段なかなか見ることができない各地の貴重な出土品を、この機会にぜひご覧ください。

 

 

 

参考文献
坂本美夫1978「山梨県・曽根丘陵周辺地域の前期古墳等について」『甲斐考古』別冊第2号山梨県考古学会
出月洋文1982「御坂町亀甲塚古墳の墳丘実測調査」『丘陵』第9号甲斐丘陵考古学研究会
石神孝子2006「笛吹市御坂町亀甲塚古墳出土管玉の再整理」『研究紀要』22山梨県立考古博物館・山梨県埋蔵文化財センター

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について