トップ > しごと・産業 > 農業・水産業 > 農業振興 > 農山村活性化 > やまなし農業・農村シンポジウム

更新日:2019年12月19日

ここから本文です。

やまなし農業・農村シンポジウム

やまなし農業・農村シンポジウム

 県では、中山間地域の農地等が有する多面的機能の良好な発揮や、地域住民活動を通じた農村の活性化を目的に、毎年シンポジウムを開催しています。

 本年は、農林水産省の『語り部交流会』と合わせて開催し、『「水」が切り開いた潤いの里~未来へつなぐその豊かな農文化~』をテーマに、甲斐三堰の1つであり、完成から350年の歳月を経ながら、今もなお地域の農業生産に重要な役割を果たしている『徳島堰』の歴史などを通じて、先人が築いてきた土地改良施設の価値や農地を有する農村の豊かさを再発見してもらうことを目的として、元「NHKニュースおはよう日本」のキャスターで、大河ドラマ「毛利元就」「義経」などの語りを務めた平野啓子氏をお招きし、次のとおり開催します。

 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 1 開催日時:令和2年1月18日(土曜日)13時00分~16時00分

 2 開催場所:東京エレクトロン韮崎文化ホール(山梨県韮崎市藤井町205)

 3 開催内容:第一部 語り・講演

           語り『伝えたい「徳島堰」の今と昔』

              平野啓子氏 語り部・かたりすと

           講演 『「水利」を「推理」やまなし用水路紀行』

               西川広平氏 中央大学文学部准教授

         第二部 語りフォーラム

              コーディネーター:平野啓子氏

              パネリスト:西川広平氏

                       中込一憲氏 中込農園株式会社代表取締役

                       藤原芳洋氏 徳島堰土地改良区理事長

                       農林水産省農村振興局幹部

             (同時開催)第13回やまなし農村風景写真コンクール表彰式

4 申込方法

  • 入場は無料ですが、事前申込が必要となりますので、次の方法によりお申込みください。

     申込期間 令和元年12月2日(月曜日)~令和2年1月14日(火曜日)

  • 受付は先着順とし定員600名になり次第、締切りとさせていただきます。

    (定員を超えてお申し込みいただいた場合は、その旨ご連絡いたします。)

 【FAX の 場合】 シンポジウムリーフレット裏面に必要事項をご記入のうえ耕地課宛に送信してください。

             FAX番号:055-223-1624(山梨県農政部耕地課)

 【メールの場合】代表者は氏名、職業、年齢、性別、住所及び電話番号

             同伴者は氏名、職業、年齢、性別を明記のうえ送信してください。

             E-mail:kouchi@pref.yamanashi.lg.jp(山梨県農政部耕地課)

 【電話の場合】 上記【メールの場合】の内容を電話で連絡してください。

             電話番号:055-223-1626(山梨県農政部耕地課)

5 その他

  リーフレット(表・裏)

第12回やまなし農業・農村シンポジウムリーフレット(PDF:3,317KB)

 

過去の農業・農村シンポジウム

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部耕地課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1626   ファクス番号:055(223)1624

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について