トップ > くらし・防災 > 消費生活 > 消費生活一般 > 悪質商法の基礎知識

更新日:2013年8月2日

ここから本文です。

悪質商法の基礎知識

悪質商法の様々な手口と対処法、消費者トラブルを未然に防ぐための心得を紹介していますので、参考にしてください。

消費者トラブルを未然に防ぐために

暮らしの計画をしっかり立てる

  • 生活に本当に必要な物か、必要なサービスなのかよく考える。
  • クレジットカードを無計画に使用しない。

勧誘の甘い文句を安易に信じない(品質、表示などを確かめる)

  • 「無料」「格安」といった甘い誘い文句を安易に信じない。
  • 「必ず~」などの、将来の変動が不確定なことの断定的な情報を安易に信じない。
  • 販売価格等に相当する価値のある商品、サービスかよく確かめる。

いらないものはハッキリ断る

  • いらないものは、しつこくても威圧されても、ハッキリ「いらない」と断る。
  • 先輩や友人など、断りにくい関係でも、いらない時は、勇気を持って断る。

契約は急がず慎重に行う

  • 契約書や申込書などはよく読む。
  • その場ですぐ契約せず、家族や友人と相談する。
  • 契約した際は、契約書や領収書などの関係書類を証拠として保管する。

普段から個人情報を安易に提供しない

  • 利用目的を必ず確認し、個人情報の提供に見合うだけのメリットがあるかよく検討する。

消費生活に関する新しい情報、正しい知識を習得する

  • 悪質商法の手口などの情報を収集し、身に覚えのない請求等には応じない。
  • クーリングオフ制度や消費者契約法など、暮らしに役立つ知識を身につける。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活センター 
住所:〒400-0035 甲府市飯田1-1-20 山梨県JA会館 5階
電話番号:055(223)1366   ファクス番号:055(223)1368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について