更新日:2017年6月23日

ここから本文です。

一団地建築物認定制度

総合的設計制度とは

総合的設計制度の目的

建築基準法第86条第1項(一団地総合的設計制度)は、総合的な計画のもとで複数棟の建築物を建築する場合に、一敷地一建物の原則のもとに形式的に1棟ごとに敷地単位で建築規制を適用することの不合理を避け、まとまった一団の土地を区域として整備することで、建築計画における設計の自由度を高め、良好な市街地環境を確保しつつ適切な土地の有効利用を図ることを目的としています。

総合的設計制度の概要

一団地内の土地について、一体的な計画の下、総合的かつ協調的な設計によって、基本的に同時に複数の建築物を建築しようとする場合、まとめてその一団地を一敷地とみなし、一定の建築制限を一体的に適用する緩和制度です。

連担建築物設計制度とは

連担建築設計制度の目的

建築基準法第86条第2項(連担建築物設計制度)は、敷地単位で建築規制を適用すると、市街地の環境を維持しつつ土地を有効利用することが困難である既成市街地において、複数敷地を包含するまとまった土地を区域として整備し建築行為を可能とすることで、設計の自由度を高めつつ市街地の環境の維持・向上と土地の有効利用を図ることを目的として創設されました。

連担建築物設計制度の概要

一定の土地の区域内において、土地所有者等の同意を前提に、既存建築物の存在を含めた複数の敷地及び建築物が相互に調整され、合理的かつ総合的見地により設計された複数敷地の建築物については、当該区域全体を一の敷地内にあるものとみなすことにより、道路斜線制限等の形態規制や容積率及び建ぺい率制限等の一定の建築制限が一体的に適用されることとする、緩和制度です。

認定基準

県ではこのたび、総合的設計制度及び連担建築物設計制度の認定基準を策定し制度の活用を目指しています。

総合的設計制度・連担建築物設計制度パンフレット

制度の概要、認定手続きの流れ、県の認定基準等についてまとめたパンフレットです。

オープンデータ

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス 山梨県建築基準法第86条第1項、第2項及び法第86条の2第1項の規定に基づく認定基準(PDF:64KB)

総合的設計制度及び連担建築物設計制度の認定基準 等

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス 認定基準1~6号様式(PDF:35KB)

総合的設計制度及び連担建築物設計制度の認定基準 等

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス 建築基準法第86条第1項、第2項及び第86条の2第1項の一団地認定申請書提出書類について(PDF:64KB)

総合的設計制度及び連担建築物設計制度の認定基準 等

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス 建築基準法第86条第1項(一団地の総合的設計制度)のチェックリスト(PDF:64KB)

総合的設計制度及び連担建築物設計制度の認定基準 等

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス 建築基準法第86条第2項(連担建築物設計制度)のチェックリスト(PDF:64KB)

総合的設計制度及び連担建築物設計制度の認定基準 等

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス 総合的設計制度、連担建築物設計制度パンフレット(PDF:64KB)

総合的設計制度及び連担建築物設計制度の認定基準 等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部建築住宅課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1735   ファクス番号:055(223)1736

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について