更新日:2021年10月21日

ここから本文です。

山梨県准看護師試験

令和3年度山梨県准看護師試験

1 試験日時

令和4年2月6日(日曜日) 午後1時30分~午後4時00分

 (受験者集合時間 午後0時50分)

2 試験場所

山梨県地場産業センター「かいてらす」

〒400-0807 甲府市東光寺3-13-25

3 試験方法

筆記試験(マークシート解答方式)

4 試験科目

保健師助産師看護師法施行規則第23条の規定に基づき、次の科目について試験を行う。

 人体の仕組みと働き・食生活と栄養・薬物と看護・疾病の成り立ち・感染と予防

 看護と倫理・患者の心理・保健医療福祉の仕組み・看護と法律・基礎看護

 成人看護・老年看護・母子看護・精神看護

5 受験資格

保健師助産師看護師法第22条各号に該当する者(次のいずれかに該当する者)

(1)文部科学大臣の指定した学校において2年の看護に関する学科を修めた者(令和4年3月に修業する見込みの者を含む。)

(2)文部科学省令・厚生労働省令の定める基準に従い、都道府県知事の指定した准看護師養成所を卒業した者(令和4年3月に卒業する見込みの者を含む。)

(3)文部科学大臣の指定した学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)において看護師になるのに必要な学科を修めて卒業した者(令和4年3月に卒業する見込みの者を含む。)

(4)文部科学大臣の指定した学校において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者(令和4年3月に修業する見込みの者を含む。)

(5)文部科学省令・厚生労働省令の定める基準に適合するものとして、都道府県知事の指定した看護師養成所を卒業した者(令和4年3月に卒業する見込みの者を含む。)

(6)外国の看護師学校を卒業し、又は外国において看護師免許を得た者で、厚生労働大臣が前記(3)から(5)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めたもの

(7)外国の看護師学校を卒業し、又は外国において看護師免許を得た者のうち、前記(6)に該当しない者で、厚生労働大臣の定める基準に従い、都道府県知事が適当と認めたもの

6 提出書類

(1)受験願書 (第1号様式)1通

(2)履歴書  (第2号様式)1通

(3)受験資格を有することを証明する書類

 ア 5の受験資格の(1)から(5)までのいずれかに該当する者は、当該学校又は養成所の修業証明書(修業見込証明書を含む。)又は卒業証明書(卒業見込証明書を含む。)

 ただし、修業見込証明書又は卒業見込証明書を提出した者は、令和4年3月4日(金曜日)午後5時(必着)までに修業証明書又は卒業証明書を提出すること。

 また、やむを得ない理由により令和4年3月4日(金曜日)までに修業証明書又は卒業証明書を提出できない者は、令和4年3月10日(木曜日)午後5時(必着)までに修業証明書又は卒業証明書を提出すること。

 なお、指定された日までに修業証明書又は卒業証明書の提出がない場合は、当該受験は無効とする。

 イ 5の受験資格の(6)又は(7)に該当する者は、当該事実を証する書類の写し(原本を提示し、照合したうえで写しを提出すること。)

(4)写真 (第3号様式)1枚

 出願前6か月以内に、脱帽して正面から上半身を撮影した縦6cm横4cmのものを台紙に貼り提出すること。写真の裏面には撮影年月日及び氏名を記載すること。

  写真の提出にあたっては、次のいずれかの方法により、その写真が受験者本人と相違ない旨の確認を受けること。

 ア 卒業した又は在籍している学校又は養成所において、その写真が受験者本人と相違ない旨の確認を受けるとともに、写真に学校又は養成所の刻印を受ける。

 イ 受験者本人が山梨県福祉保健部医務課において、写真の貼ってある身分証明書等(運転免許証、学生証、旅券等)を提示し、受験者本人である確認を受ける。

 ただし、県内の養成所で出願書類を取りまとめる場合には、当該養成所で写真が受験者本人と相違ないことを確認の上、写真照合済の旨付記した文書をもって出願書類を提出する方法でも差し支えない。

(5)戸籍抄本

 受験資格を有することを証明する書類の氏名が現在の氏名と同じ場合は、提出する必要はない。

7 受験手数料

6,900円(山梨県収入証紙を願書に貼り付けることにより納付する。)

受付後は、受験手数料は還付しない。

8 願書の配布期間及び場所

(1)配布期間 令和3年11月1日(月曜日)~令和3年11月12日(金曜日)(土曜日・日曜日・祝日を除く)

 午前9時~正午 午後1時~5時

(2)配布場所 山梨県福祉保健部医務課看護担当(山梨県庁本館5階)

(3)郵送で請求する場合

 封筒の表に「准看護師試験願書請求」と朱書して、140円分の切手を貼り付けた宛先明記の返信用封筒(角型2号)を同封し、配布期間内(令和3年11月1日(月曜日)~11月12日(金曜日))に下記問い合わせ先宛に送付すること。

 なお、県内准看護師学校養成所を卒業した者(卒業見込みの者を含む。)及び県内在住者を優先し、それ以外の者については、試験会場の収容人員の範囲内で受け入れを行う。

願書請求の留意事項:県外の受験希望者の皆様は必ずお読みください。県外の受験希望者の皆様へ(PDF:50KB)

9 願書の提出方法

(1)学校又は養成所を卒業見込みの者については、当該学校又は養成所ごとにとりまとめ、山梨県福祉保健部医務課看護担当まで出願書類を提出すること。

(2)既に学校又は養成所を卒業している者については、個人で出願書類を提出しても差し支えない。

(3)5の(6)又は(7)に該当する者は、受験資格認定書の写しと原本を照合する必要があるため、郵送ではなく持参すること。

10 願書の受付期間及び提出先

(1)出願に関する書類を持参する場合

  受付期間 令和3年12月6日(月曜日)~令和3年12月7日(火曜日)午前9時~正午 午後1時~5時

  受付場所 山梨県福祉保健部医務課看護担当(山梨県庁本館5階)

(2)出願に関する書類を郵送する場合

  受付期間 令和3年12月6日(月曜日)~令和3年12月7日(火曜日)までの消印のあるもの(簡易書留で送付すること)

  提出先  〒400-8501 山梨県甲府市丸の内一丁目6-1

  山梨県福祉保健部医務課看護担当

  なお、出願に関する書類に不備があった場合には、受付期間内に提出しても願書の受付けができないため、受験出来ないことがあるので、提出前に再度書類を確認すること。

11 受験票の交付

 受験願書を受理したのち、受験資格があると認められた者については、出願書類を学校又は養成所でとりまとめた場合には当該学校又は養成所に、それ以外の場合には本人に受験票を送付する。

 なお、令和4年1月24日(月曜日)までに受験票が到着しないときは、下記問い合わせ先に問い合わせること。

12 合格発表

 令和4年3月10日(木曜日)午前10時に山梨県庁掲示板(防災新館東側)及び山梨県ホームページに掲示する。

掲示期間は1か月とする。(電話等による照会には応じない。)

 令和4年3月4日(金曜日)までに6の(3)アの手続きが終了した者には、合格発表日に合格証書を郵送する。

 令和4年3月5日(土曜日)以降に6の(3)アの手続きが終了した者は、手続き終了後合格証書を郵送する。

 なお、合格発表の日から1か月間(土曜日・日曜日・休日を除く)、福祉保健部医務課において、受験者本人に限り自己の総得点・科目別得点の閲覧を受け付けるので、希望者は受験票を持参すること。

 (1)受付時間 午前9時~11時30分 午後1時~4時30分(発表当日は午前10時から)

 (2)受付場所 山梨県福祉保健部医務課看護担当

13 その他

(1)試験当日の会場において、受験者は以下の事項について十分に留意すること。

 ア マスクの着用

 イ 手洗い、手指消毒の徹底

 ウ 他者との接触、会話を控えること

 エ 体調不良等がある場合は申し出ること

(2)視覚、聴覚、音声機能若しくは言語機能又は肢体に障害を有する者で受験を希望する者は、令和3年11月19日(金曜日)までに山梨県福祉保健部医務課看護担当に申し出ること。申し出た者については、受験の際にその障害の状態に応じて、必要な配慮を講ずることがある。

(3)この試験の実施に際して収集する個人情報は、この試験のために必要な範囲でのみ使用する。

14 新型コロナウイルス感染症への対応について

 新型コロナウイルス感染症に罹患又は罹患疑いがある者は受験できないものとする。ただし、追試験当日までに治癒又は罹患していないことが明らかになる場合は、以下のとおり追試験を行う。

 (1)追試験日時 令和4年2月20日(日曜日) 午後1時30分~午後4時00分

 (2)追試験場所 県庁防災新新館303・304会議室

 (3)追試験対象者 

 令和4年2月6日(日曜日)の本試験を受験できなかった者のうち、医師の診察を受け「新型コロナウイルス感染症に罹患又は罹患疑いがある」と診断された者(保健所より濃厚接触者に該当すると伝えられた者で症状を有する者を含む)

 (4)追試験の受験申請 

 追試験の受験を希望する場合は、本人又は代理人が令和4年2月6日(日曜日)午前10時までに下記問合せ先に連絡すること。

 また、追試験当日までに「追試験受験申請書」及び「医師の診断書(任意様式。ただし、病名が「新型コロナウイルス感染症」又は「新型コロナウイルス感染症の疑い」で、かつ加療期間が記載されており、加療期間内に令和4年2月6日(日曜日)の本試験日が含まれているもの。)」等を提出すること。なお、提出が困難な場合は、ご相談ください。

 (5)無症状の濃厚接触者

 濃厚接触者であっても、無症状である等(※1)の条件を満たせば、令和4年2月6日(日曜日)の本試験にいて別室での受験を認める。該当する場合は、令和4年2月6日(日曜日)午前10時までに下記問合せ先に連絡すること。

 ※1以下の条件を満たすこと。

 ア 初期スクリーニング(自治体又は自治体から指示された医療機関が実施するPCR等の検査(行政検査))の結果、陰性であること

 イ 受験当日も無症状であること

 ウ 公共の交通機関を利用せず、かつ、人が密集する場所を避けて試験場に来ること

 エ 終日、別室での受験となること

15 問い合わせ先

山梨県福祉保健部医務課看護担当

所在地 〒400-8501 山梨県甲府市丸の内一丁目6-1

電話  055-223-1484(平日 午前8時30分~午後5時15分)

メール imuka@pref.yamanashi.lg.jp

 2月5日(土曜日)及び2月6日(日曜日)は電話での問い合わせはできないため、メールでご連絡ください。 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部医務課 担当:看護担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1484   ファクス番号:055(223)1486

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について