トップ > くらし・防災 > 食の安全 > 食品衛生 > 食中毒とその予防について > 1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください

更新日:2017年4月11日

ここから本文です。

1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください

平成29年4月、東京都内において、はちみつの摂取が原因と推定されれる乳児ボツリヌス症による死亡事例が発生しました。

乳児ボツリヌス症は、1歳未満の乳児がボツリヌス菌(※)を経口的に摂取することにより発症します。

予防のため、1歳未満の乳児にはちみつを与えるのは避けてください

(※)ボツリヌス菌は、加熱に耐えられる芽胞を形成するため、死滅させるには120℃で4分以上の加熱が必要です。

 

(参考)

「乳児ボツリヌス症の予防対策について」
(昭和62年10月20日付け健医感第71号・衛食第170号・衛乳第53号・児母衛第29号)

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%83%7b%83%63%83%8a%83%6b%83%58&EFSNO=2910&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=0

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部衛生薬務課 担当:食品衛生・動物愛護担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1489   ファクス番号:055(223)1492

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について