トップ > まちづくり・環境 > 建築・住宅 > 建築・住宅関連情報 > 民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業について

更新日:2016年5月13日

ここから本文です。

住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業について

住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業

「住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業」は、平成27年度に創設された制度で、高齢者世帯、障がい者等世帯、子育て世帯の居住の安定確保に向け、居住支援協議会の連携や適切な管理の下で、空き家等を活用し、一定の質が確保された賃貸住宅の供給を図るため、空き家等の改修工事に対して補助を行う事業です。

なお、事業実施可能地区は、山梨県全域となり、各市町村によって入居者の収入基準額等の要件が異なりますのでご確認下さい。

お問い合わせ先

本補助事業の内容に関する詳細やお問い合わせは、下記へお願いします。

住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業実施支援室

電話:03-6214-5806

時間:月~金曜日(祝日、年末年始を除く)9時30分~17時00分(12時~13時は除く)

住宅確保要配慮者あんしん居住支援事業等の補助を受けた住宅

「住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業」、「民間住宅活用型住宅セーフティーネット整備推進事業」により、国から補助を受けた住宅は、住宅確保要配慮者(高齢者世帯、障がい者等世帯、子育て世帯かつ所得が一定額を超えない世帯)の入居について、その世帯属性を理由として入居を拒むことはありません。

山梨県内における住宅要配慮者あんしん居住推進事業の補助を受けた賃貸の詳細については、住宅要配慮者にかかるあんしん住宅情報提供システムをご覧ください。

また、民間住宅活用型住宅セーフティーネット整備推進事業の補助を受けた賃貸住宅の詳細については、こちらをご覧ください。 

事業を実施した住宅(H26年度) (山梨県を選択して検索してください)

事業を実施した住宅(H25年度) (山梨県を選択して検索してください)

事業を実施した住宅(H24年度) (山梨県を選択して検索してください)

なお、各物件のお問い合わせについては、住宅一覧に記載されている「入居に係る問い合わせ先」までお願いします。

補助を受けた賃貸住宅の適正な管理を確保するための相談窓口

県では、「住宅要配慮者あんしん居住推進事業」「民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業」を実施した住宅が、住宅確保要配慮者の入居を拒んだり、不適切な家賃設定をしているなど、適正な管理をされていない場合の相談窓口を設置しています。

相談窓口

山梨県居住支援協議会事務局(公益社団法人山梨県宅地建物取引業協会)

電話055-243-4300

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部建築住宅課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1730   ファクス番号:055(223)1736

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について