更新日:2016年6月20日

ここから本文です。

介護サービス自己評価

介護サービス自己評価とは

介護保険制度の導入により、利用者が主体的にサービス事業者を自らの責任で選択し、契約によってサービスを受けるという利用者本位の制度に変わりました。このため、サービス提供事業者は、質の高いサービスを提供することが必要であり、自らのサービス水準を把握し、課題を明らかにしたうえで、サービスの質の向上に向けた取り組みを行うことが求められます。自己評価の目的は、提供するサービスについて、事業者自らが評価しサービスの質の点検を行い、課題の把握及び改善を繰り返すことで、サービスの質の向上を図り、利用者が安心してサービスを受けれらるようにすることです。


自己評価については、介護保険法にもとづく、各指定サービスの人員、設備及び運営に関する基準を定めた厚生労働省令のなかでも、事業の基本取扱方針として規定されているものです。

事業者のみなさまへ

山梨県では、平成14年度より山梨県社会福祉協議会に委託した介護サービス自己評価事業のなかで、訪問介護、訪問入浴介護、通所介護、居宅介護支援、福祉用具貸与、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション、訪問看護、介護老人福祉施設(短期入所生活介護含む)、介護老人保健施設(短期入所療養介護含む)、介護療養型医療施設(短期入所療養介護含む)、特定施設入居者生活介護に係る自己評価基準書を作成しました。以下より基準書がダウンロードできますので、各事業所内での自己評価の参考として下さい。

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康長寿推進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1453   ファクス番号:055(223)1469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について