更新日:2022年5月31日

ここから本文です。

消費税のインボイス制度(適格請求書等保存方式)について

 消費税の軽減税率制度の実施に伴い、令和5年10月1日から消費税のインボイス制度(適格請求書等保存方式)が開始されます。

 インボイス制度では、消費税の仕入税額控除のためにインボイス(適格請求書)の保存が必要になります。

インボイス制度(適格請求書等保存方式)とは

 インボイス制度では、買い手は、仕入税額控除の適用のために、原則として売り手から交付を受けたインボイス(適格請求書)を保存する必要があります。

 売り手は、インボイスを交付するためには、事前にインボイス発行事業者(適格請求書発行事業者)の登録を受ける必要があり、登録を受けると、課税事業者として消費税の申告が必要となります。

 インボイス制度イメージ図

 

  ※詳しくは「適格請求書等保存方式の概要」(国税庁)をご覧ください。

インボイス(適格請求書)発行事業者の登録

インボイス制度では、適格請求書発行事業者(登録事業者)のみがインボイス(適格請求書)を交付することができます。

 ・適格請求書発行事業者になる登録を受けるには、税務署への適格請求書発行事業者登録申請手続が必要です。

 ・登録は、課税事業者が受けることができます。インボイス発行事業者登録

 ※令和3年10月1日から適格請求書発行事業者登録受付が開始されています。

 ※詳しくは「消費税 知っていますか?インボイス制度」(国税庁)をご覧ください。

インボイス制度(適格請求書等保存方式)説明会のご案内

    国(国税庁)では、全国どこからでも誰でも参加可能なオンライン説明会を開催しております。

    東京国税局及び管内税務署では、各種説明会等を開催しております。説明会イメージ

    ご希望に応じてお申し込みください。

インボイス制度(適格請求書等保存方式)関係のリンク

 インボイス制度バナーインボイス制度公表サイトバナー

 ・消費税の仕入税額控除制度における適格請求書等保存方式に関するQ&A(国税庁)

 ・免税事業者の皆様へ(国税庁)

インボイス制度(適格請求書等保存方式)に関する相談窓口

 インボイス制度の内容に係る一般的な事項に関する相談

  • 消費税軽減税率・インボイス制度電話相談センター(軽減・インボイスコールセンター)

0120-205-553

(受付時間)9時00分~17時00分(土日祝を除く)

 インボイス制度の内容に係る個別相談(関係書類により具体的な事実等を確認する必要がある相談)

  • 最寄りの各税務署

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総務部税務課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1386   ファクス番号:055(223)1390

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について