トップ > 組織から探す > 森林環境部 > 大気水質保全課 > 冬季における大気汚染対策

更新日:2019年10月30日

ここから本文です。

冬季における大気汚染対策

冬季は大気がよどみやすく、交通量の増加や暖房機器(ボイラー)の使用などにより、PM2.5(微小粒子状物質)の原因物質である窒素酸化物の濃度が高くなる傾向があります。

窒素酸化物などの大気汚染物質の削減のため、身近な取組からはじめましょう。

  • ウォームビズ・ウォームシェアを実践しましょう
  • 環境にやさしい運転(エコドライブ)を心がけましょう→詳しくは、「はじめようエコドライブ」をご覧ください
  • 環境に配慮した移動手段を選択しましょう

 

事業者の皆様には、次の取組についてもご協力をお願いします。

  • 環境に配慮した発注、運搬などを実践しましょう
  • 機械の更新時は環境負荷の少ない機種を選定しましょう
  • ボイラーなどの燃焼機器の適正利用を心がけましょう

リーフレット(PDF:1,029KB)

191015rihuretto1191015rihuretto2

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部大気水質保全課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1510   ファクス番号:055(223)1512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について