トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックス一覧 > 遺跡トピックスNo.0331地耕免遺跡(ちこうめんいせき)?斎串(いぐし)と馬の歯?

更新日:2017年6月13日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0331地耕免遺跡(ちこうめんいせき)~斎串(いぐし)と馬の歯~

笛吹市の遺跡

0014経塚古墳-復元古墳-
0217経塚古墳-内部構造-
0251経塚古墳-石室の石積み-
0280経塚古墳-列石-
0396経塚古墳-八角形の意味-
0019桂野遺跡-石皿・磨石-
0100桂野遺跡-陥し穴-
0111桂野遺跡-前期土偶-
0262桂野遺跡-縄文時代前期の住居跡-
0265桂野遺跡-土器に描かれた物語-
0020四ツ塚古墳群-玉類-
0235四ツ塚古墳群-装身具-
0022狐原遺跡-墨書土器-
0059平林2号墳-副葬品-
0079平林2号墳-青銅鏡-
0102平林2号墳-ガラス玉-
0202平林2号墳-馬具類や装身具類-
0240平林2号墳-勾玉-
0337平林2号墳-勾玉-
0081身洗沢遺跡-田んぼと木製品-
0230身洗沢遺跡-プラント・オパール-
0339身洗沢遺跡-農具の今と昔-
0125水口遺跡-柄鏡形敷石住居跡(1号住居跡)-
0355水口遺跡-敷石住居跡(3号住居跡)-
0135花鳥山遺跡-エゴマ種子塊-
0194花鳥山遺跡-縄文時代の食生活を知る遺物-
0199花鳥山遺跡-世界最大級の縄文土器?-
0406花鳥山遺跡-耳飾り-
0145竜安寺川西遺跡-発掘調査速報-
0155竜安寺川西遺跡-発掘調査速報2-
0165竜安寺川西遺跡-発掘調査速報3-
0179竜安寺川西遺跡-ミニチュア土器-
0147境川中丸遺跡-発掘調査速報-
0157境川中丸遺跡-発掘調査速報-
0181境川中丸遺跡-S字状口縁台付甕-
0148一の沢遺跡-縄文時代中期の住居-
0293一の沢西遺跡-ヒトをモチーフにした土器-
0307一の沢遺跡-縄文土器-
0350一の沢遺跡-みんなで応援しよう!「ミュージアムキャラクターアワード2012」のいっちゃん-
0150稲山遺跡-発掘調査速報-
0160稲山遺跡-発掘調査速報2-
0170稲山遺跡-発掘調査速報3-
0209稲山遺跡-常滑甕-
0229稲山遺跡-すり鉢-
0288稲山遺跡-かわらけ-
0151三光遺跡-発掘調査速報-
0166三光遺跡-発掘調査速報5-
0171三光遺跡-発掘調査速報6-
0186三光遺跡-耳飾り他-
0173二之宮遺跡-食材をふかす道具-
0284二之宮遺跡-置きカマド-
0219亀甲塚古墳-盤龍鏡-
0264亀甲塚古墳-碧玉製管玉-
0234御坂中丸遺跡-縄文時代早期-
0275馬乗山2号墳-甲府盆地最後の前方後円墳-
0331地耕免遺跡-斎串と馬の歯-
0354中丸東遺跡-縄文時代前期の土器と古墳時代の住居跡-
0356石橋条里制遺構-古代の土地区画整理-
0371太鼓畑遺跡-調査概要-
0382六ッ長遺跡-調査概要-

 

遺跡トピックスNo.0331地耕免遺跡写真2

斎串(いぐし)となどの木製品

遺跡トピックスNo.0331地耕免遺跡写真3

馬の歯の一部

地耕免遺跡とは

地耕免遺跡(ちこうめんいせき)は、山梨県情報教育センター建設事業に伴い、1990年(平成2)に発掘調査が行われた遺跡です。遺跡のある笛吹市御坂町成田の周辺は、山梨県内における平安時代の中心地域にあたり、遺跡の多いところでもあります。

調査の結果、平安時代の住居跡が3軒、掘立建物跡4棟、井戸跡1基、溝跡3条、土坑1基、その他柱穴数基が見つかりました。出土した遺物は土師器(はじき)、木製品、斎串(いぐし)、馬の骨、モモ、クルミなどで、主に9世紀前半から10世紀前半のものです。特に斎串は、出土状況から雨乞(あまごい)などで使用されたと考えられています。

斎串(いぐし)と雨乞(あまごい)の関係

遺跡トピックスNo.0331地耕免遺跡写真4

斎串の出土状況

斎串(いぐし)は忌串(いみぐし)とも書き、木の枝や薄い板、細い角材を串状につくったものです。神を招くときの依代(よりしろ)として、神を招く場、神への供物、また災いを除ける祓い(はらい)の道具などとして用いられたものです。

杉や桧(ひのき)を素材とし、大きさは20cm~50cmくらいで、厚さは5mm~10mmくらいで、両端を尖らせたり切断したりしてあり、焼いた跡も見られます。この時、いけにえとして、馬や牛を殺してその首を、斎串を刺した水路に投げ込み雨乞を行ったといわれます。

なぜ、馬なのか?

馬は、龍の化身(けしん)とされました。龍は水神と考えられていたことから、水に関わる祈りに馬が供えられていました。『続日本紀』(しょくにほんぎ)には、雨乞いの際には黒い馬を供え、降り続く雨を止めたいときには白い馬を供えていることや「河之精也」という記述があります。こうしたことから、水と馬の深いつながりがわかります。

雨乞いや止雨の祭礼を行うことには、干ばつや洪水などの自然災害の被害にあうことが多かった当時の社会背景があったようです。

<参考文献>

「山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第73集地耕免遺跡」(山梨県教育委員会1992.3)

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について