更新日:2019年2月2日

ここから本文です。

ふれあい(18年6月号)

 

ふれあい(18年6月号)(PDF:683KB)

 

「中部横断自動車道」早期全線開通へ向け前進

 

「中部横断自動車道」の整備方針が決定され、六郷IC(仮称)~富沢IC(仮称)間が山梨県で強く要望していた「新直轄方式」により整備されることになりました。また、南アルプスIC~六郷IC(仮称)間、富沢IC(仮称)~吉原JCT(仮称)間については、「有料道路方式」による整備が中日本高速道路株式会社により継続されます。

  • 新直轄方式とは

新直轄方式とは、国が高速道路を整備するために導入された制度であり、事業費の4分の3を国が、4分の1を県が負担します。本県の場合、特例措置により、4分の1の負担がさらに軽減されることになります。なお、新直轄方式で整備した区間の通行料金は無料です。

 

  • なぜ新直轄方式を選んだのか

中部横断自動車道は、県土の南北方向の基幹軸を形成する幹線として、本県にとって不可欠な道路です。しかし、「有料道路方式」での建設は、民営化された高速道路株式会社が担うこととなり、採算性がより厳しく問われるため、これまでのように「有料道路方式」のみで進めるには限界があります。このため、県の負担は生じるものの「早期開通が見込めること」「通行料金が無料であること」などから、県民の総合的な利益を考え「新直轄方式」を導入し、「有料道路方式」と二本立てで建設することが最も適切であると判断しました。

 

  • 今後の見通し

現在までに双葉JCT~南アルプスIC間が開通しており、本年度中には、増穂IC(仮称)まで開通します。今後、増穂IC(仮称)~六郷IC(仮称)間が平成28年度、富沢IC(仮称)~吉原JCT(仮称)間が平成29年度に完成する予定です。県は、新直轄方式区間についても、平成29年度までに完成するよう国に強く要望していきます。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総合政策部広聴広報課 担当:印刷広報担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1339   ファクス番号:055(223)1525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について