トップ > 組織から探す > 広聴広報グループ > 新型コロナウイルス感染症に関する総合情報 > 家で過ごす子どもたちとご家族の相談窓口等

更新日:2020年4月25日

ここから本文です。

家で過ごす子どもたちとご家族のための相談窓口等

 

 新型コロナウイルス感染拡大により、山梨県にも「緊急事態宣言」が出されました。その中で、子どもたちやその家族は、目に見えない病気への不安を抱え、休校や外出自粛等、非日常にさらされ大きなストレスを抱え始めています。ストレスを抱える子どもたちとそのご家族のこころを守るための相談窓口などをご紹介します。

ストレス反応に気づいた時の相談先

1.まず、お住いの市町村保健関係部署やかかりつけ医に相談されることをお勧めします。

2.こころの発達総合支援センターでは、新型コロナウイルス感染の影響でストレス反応が見られる10歳以下の子どもを持つご家族からの電話相談を、対策が必要とされる期間に限り、行わせていただくこととしましたので、ご活用ください。

 相談ダイヤル 055-288-1695(こころの発達総合支援センター)

3.ストレスが虐待につながることもありますので、子育ての不安が強かったり、虐待が心配される時は、迷わずご相談ください。

 児童相談所虐待相談専用ダイヤル「189(いちはやく)」(無料) 

  

子どものこころを守るために~家で過ごす子どもたちと家族へ

以下のURLでは、「子どものこころを守る」ための専門医からのメッセージリレーや、参考ウェブサイトなどを紹介しています。

https://www.pref.yamanashi.jp/kokoro-hattatsu/kodomonokokorowomamoru.html

このページに関するお問い合わせ先

山梨県子育て支援局こころの発達総合支援センター 
住所:〒400-0851 甲府市住吉2-1-17子どものこころサポートプラザ内
電話番号:055(288)1695   ファクス番号:055(288)1696

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について