トップ > やまなしグリーン・ゾーン構想

ここから本文です。

やまなしグリーン・ゾーン構想

やまなしグリーン・ゾーン認証の申請について

事業者の皆様の感染症予防対策への取り組みを、県が認証する「やまなしグリーン・ゾーン認証」の申請を受け付けています。

申請については、こちら

 

 

やまなしグリーンパス実証事業について

山梨県ではワクチン接種者の増加に伴い、ワクチンの感染抑制効果に応じたグリーン・ゾーン認証基準のあり方を検討するため、ワクチン接種の有無等に着目した日常の回復に向けた実証事業を行います。

詳しい内容については、こちら

 

 

やまなしグリーン・ゾーン認証施設における感染症対策の運用強化について

県内に適用されていた「まん延防止等重点措置」の解除に伴い、やまなしグリーン・ゾーン認証施設においては、9月13日より、従来の運用ルールに加え、以下の事項を遵守するようお願いします。

感染症対策の運用強化についてはこちら

 

 

山梨県LINEコロナお知らせシステムについて

山梨県では、LINE公式アカウント「山梨県-新型コロナ対策パーソナルサポート」を活用した新たなサービス「山梨県LINEコロナお知らせシステム」の運用を開始しました。

山梨県LINEコロナお知らせシステムについてはこちら

 

(利用者が把握できる体制整備について)

 山梨県では現在、感染力が非常に強い変異株に対応するため、グリーン・ゾーン認証基準の見直しに着手しております。

 それに先立ち、事業者の皆様には、感染拡大防止のため、最低1か月はお店を利用された方の把握・連絡ができる体制を整えていた

 だけるようお願いしているところです。下記の資料等により、利用者の把握をお願いいたします。

 (※様式等に決まりはありません。各店舗の実情に応じて、ご対応お願いします。)

 

認証施設は、取得した個人情報について個人情報保護法に基づく適切な管理を行うとともに、陽性者の利用が判明した場合の疫学調査の目的以外には使用しないこと。

 

 

やまなしグリーン・ゾーン認証施設一覧

1.変異株対応済施設

変異株に対する新基準に適合した施設については、以下の資料をご覧ください。(令和3年10月15日時点)

飲食施設(PDF:544KB)

宿泊施設(PDF:311KB)

ワイナリー(PDF:107KB)

酒類製造業(ワイナリーを除く)(PDF:79KB)

旧休業要請個別解除施設(PDF:182KB)

 

2.旧休業要請個別解除施設

  やまなしグリーン・ゾーン認証施設(旧休業要請個別解除施設)についてはこちら

 

 

 

やまなしグリーン・ゾーン認証専用ウェブサイトの開設について

 この度、グリーン・ゾーン認証専用ウェブサイトが9月3日から公開となりました。

 このウェブサイトでは、PCやスマートフォンから認証された施設の検索や感染症対策が確認できたり、

 グリーン・ゾーン認証の申請をすることができます。

 是非ご活用ください。

  [URL] https://greenzone-ninsho.jp

 

 

山梨県高付加価値宿泊施設誘客促進事業(やまなしグリーン・ゾーン宿泊割り)

県では、新型コロナウイルス感染拡大で大きな被害を受けた本県観光産業の回復を支援するとともに、付加価値の高い宿泊施設への誘客を促進するため、「やまなしグリーン・ゾーン認証」を受けた宿泊施設を対象に、宿泊料金の割引を支援する事業を実施します。

詳細については、以下の専用サイトをご覧ください。

 

 

支援事業のご案内(支援金・補助金)

感染症予防のための支援制度がございますので、ご活用ください。

詳細は、次のリンク先からご確認お願いします。

(1)やまなしグリーン・ゾーン認証施設の変異株対策の支援

  問い合わせ先 機器購入等支援事業事務局 電話 055-237-6600 (平日10時から17時)

(2)これからやまなしグリーン・ゾーン認証の取得を目指す施設への備品・消耗品[キャッシュレス決済環境整備を含む]に対する支援

 問い合わせ先 機器購入等支援事業事務局 電話 055-237-6600 (平日10時から17時)

 

 

専門家委員会の設置

グリーン・ゾーン認証制度の基本コンセプトや実施スキーム、県の作成するガイドライン作成基準等について御意見をいただくため、「グリーン・ゾーン認証制度専門家委員会」を設置しました。

[第1回会議]令和2年6月8日(月曜日)開催

次第(PDF:18KB)

委員名簿(PDF:24KB)

資料(PDF:246KB)

(会議結果概要)委員発言要旨

 ・業種別ガイドラインが示されているが、それを守っている者を認証する仕組みは先端的なモデルである。

 ・事業者の方が自主的に取り組んでいる対策も取り込めるようにできればよいと思う。

 ・濃厚接触者を出さないようにするという考え方が、基準のベースになる得るのではないか。

 ・感染予防は基本的な行動を徹底することが重要なので、作業的な内容等も織り込んで、意識付けを促すことも有効だと思う。

 ・たくさんの人を集めるという数の原理のビジネスモデルが変わっていくことが想定される。 等

 

 

やまなしグリーン・ゾーン構想(基本的な考え方)

山梨県(山梨県知事:長崎幸太郎)は、新型コロナウイルス感染症の第二波、第三波が襲来した場合も、将来、未知の感染症への対応を余儀なくされる場合にも、県民の皆様の生命と経済を両立しながら不断に前進し続けることができる社会(「超感染症社会」)への脱皮を目指す「やまなしグリーン・ゾーン構想」の方向性を公表しました(令和2年5月19日)。 

これまでに県民の皆様とともに築き上げてきた感染制御の経験や、医療体制整備の蓄積を土台として、感染症に強い社会・経済を形成すべく取り組みます。

そのために、感染症に強い事業環境づくりを強力に後押しし、「山梨全体で安心・信頼を提供」することをテーマとして、利用者の安心・信頼を獲得するための「認証制度」を創設します。

これにより、⼭梨全体が県内外の消費者の「安⼼・信頼」という価値を獲得し、県内経済の再生につなげることを目指します。

 

やまなしグリーン・ゾーン構想(PDF:871KB)

 

 

詐欺にご注意ください

認証及び関連した補助金支給にあたって、ATM操作、手数料振込、暗証番号聞き取り等を求めることはありません。
不審な電話・メール等があった場合は最寄りの警察署にご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

広告スペース

広告掲載について