更新日:2019年1月30日

ここから本文です。

平成20年2月号

ふれあい(20年2月号)

ふれあい(20年2月号)(PDF:586KB)

樋口一葉「ゆく雲」未定稿を購入-山梨県立文学館

山梨県立文学館は、甲州を舞台にした樋口一葉の小説「ゆく雲」の下書きにあたる未定稿22枚を新たに収蔵しました。

 

「ゆく雲」は、一葉が最も充実していた時期、明治28年5月発行の雑誌「太陽」に発表されました。物語は、樋口一葉の両親の出身地と同じ大藤村(現甲州市塩山)出身で、東京で勉学中の青年・野澤桂次と薄幸な娘・縫(ぬい)のはかない恋が描かれています。

 

県立文学館は、樋口一葉を展示作家の中心の一人に位置づけており、「たけくらべ」原稿(「文芸倶楽部」に再掲載するために清書したもの)をはじめ、「たけくらべ」「にごりえ」の未定稿や書簡、遺品などを所蔵していますが、今回これに「ゆく雲」が加わり、国内屈指のコレクションがさらに厚みを増しました。

 

「ゆく雲」未定稿は、3月30日(日曜日)まで県立文学館で開催している平成19年度収蔵品展「肉筆の魅力正岡子規と新免一五坊、樋口一葉、柳宗悦、高村光太郎ほか」で公開されています。ぜひご覧ください。観覧料は無料です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について