更新日:2019年1月30日

ここから本文です。

平成20年6月号

ふれあい(20年6月号)(PDF:563KB)

観光・物産トップセールス~横内知事が中国で山梨をPR~

はじめに

本県を訪れる外国人観光客は年々増加しており、2007年には88万人に達しました。

県では、2010年までにこれを100万人に拡大するという目標を掲げ、一層の誘致に努めています。

 

中でも、本県を訪れる外国人観光客の約4割を占める中国は、本県の観光にとって巨大なマーケットです。そこで、横内知事は観光関係者などと共に4月23日から27日までの5日間、観光客誘致に向けたPRのため、中国を訪問しました。

山梨・静岡・神奈川の三県知事による観光トップセールス

はじめに訪問した上海市では、石川静岡県知事、松沢神奈川県知事と三県合同で観光のトップセールスを行いました。これは、昨年10月の「山梨・静岡・神奈川三県サミット」で本県が提案し実現したものです。

 

三県知事は、上海市人民政府を訪問し、観光をはじめ経済、環境保全、青少年など幅広い分野で交流を促進するとの覚書を締結しました。

 

また、富士箱根伊豆地域へ観光客を誘致するため、旅行会社やメディアに観光モデルコースを紹介するなど、積極的なPR活動を展開しました。

本県単独で行ったトップセールス

その後、笛吹市、富士河口湖町などの関係者とともに、香港と広東省広州市を訪問しました。

 

香港では、日本への送客が最も多い旅行会社などに、富士山をはじめとする本県の観光をPRするとともに、大手スーパーに県産果実やワインの売り込みを行いました。

 

また、広州市では、広東省旅遊局や旅行会社の代表と会談し、小中高校生の教育旅行の誘致などを働きかけました。

今後の対応

観光客の誘致や農産物などの販路拡大に向けた交渉には、行政も含めた組織的な活動が効果的です。

 

県では、本県産業をバックアップするため、知事が先頭に立ち今後も積極的にトップセールスを行うこととしています。

 

横内知事は、6月には台湾で開催される国際見本市「フードタイペイ」に出向き、また7月には京都市中央卸売市場を訪問し山梨を売り込みます。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について