トップ > まちづくり・環境 > 環境保全活動 > 地球温暖化防止 > 県有林活用温暖化対策プロジェクトの推進~カーボン・オフセットの取り組み~

更新日:2020年11月16日

ここから本文です。

県有林活用温暖化対策プロジェクトの推進 ~カーボン・オフセットの取り組み~

山梨県有林では、間伐を行うことにより森林が吸収したCOを、オフセット・クレジット(J-VER)制度によりクレジット化し、これをカーボン・オフセットに取り組んでいる事業者の皆様に販売しています。
富士山県有林カラマツ

取り組みの状況

本県の「やまなし県有林活用温暖化対策プロジェクト」のプロジェクト計画書及びモニタリング計画書が、平成22年12月22日に開催された第21回J-VER認証運営委員会において審議を受け、プロジェクトの妥当性が承認されてプロジェクト登録されました。(登録番号0063)

その後、プロジェクト対象森林において行ったプロット調査等のモニタリングの内容について、第三者機関である検証機関の検証を経て、平成23年4月12日に開催された第24回J-VER認証運営委員会において、26,168t-CO2が吸収量として認証されました。

平成23年8月4日には、吸収量の全量をクレジットとして発行し、平成23年8月22日より県有林課ホームページによる購入者の募集を開始しました。

ご購入いただいたクレジットの販売益は、山梨県の豊かな自然を守る県有林内の森林整備に活用されています。

やまなし県有林 J-VER のご購入を希望される方へ

やまなし県有林 J-VER のご購入を希望される方は、以下のページを参照してください。

「やまなし県有林 J-VER」の購入者を募集します

オフセット・クレジット(J-VER)制度とは

オフセット・クレジット(J-VER)制度とは、国内で実施される温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトにより実現された排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いるクレジットとして環境省が認証する制度で、平成20年11月に創設されました。

J-VERとは、この制度により認証され、市場に流通できる形で環境省が管理する口座に発行されるクレジット(排出削減・吸収量)のことで、単位は1トン(t-CO2)です。

(参考)オフセット・クレジット(J-VER)制度とは?(環境省ホームページ)

 

「やまなし県有林活用温暖化対策プロジェクト」の紹介パンフレット(PDF:1,188KB)

やまなし県有林 J-VER 販売実績

 

販売年度 件数 販売量 (t-CO2)
平成23年度

2

55

平成24年度

3

61

平成25年度

3

176

平成26年度

10

5,285

平成27年度

18

1,201

平成28年度

8

1,240

平成29年度

8

513

平成30年度

15

212

令和元年度

7

113

合計

74

8,856

                           (令和2年3月末現在)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県林政部県有林課 担当:県有林計画担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1623   ファクス番号:055(223)1679

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について