トップ > くらし・防災 > 消費生活 > 消費生活相談 > 『若者向け悪質商法被害防止共同キャンペーン』を実施します!

更新日:2020年12月14日

ここから本文です。

『若者向け悪質商法被害防止共同キャンペーン』を実施します!

若者だって被害は188(いやや)

社会経験や知識の不足を背景として、悪質商法や詐欺の標的にされたり、様々な契約トラブルに巻き込まれる若者が後を絶ちません。

このため、山梨県県民生活センターでは、卒業・入学・就職シーズンに向けて、1月~3月の期間、関東甲信越の都県、政令指定都市および国民生活センターとともに、若者における悪質商法被害防止のためのキャンペーンを実施します。

 

 wakamono

「若者トラブル188番」のお知らせ

日時

令和3年1月12日(火曜日)、13日(水曜日)

午前8時30分~午後5時

場所

山梨県県民生活センター 

電話055-235-8455

(甲府市飯田1-1-20 JA会館5階)

及び

山梨県県民生活センター 地方相談室

電話0554-45-5038

(都留市田原二丁目13-43 南都留合同庁舎1階)

 

内容

消費生活相談員が、電話または面接でご相談に応じます。

身に覚えのない請求が来たり、契約上のトラブルにあってしまったなど、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

事例紹介~若者編~

事例1

SNSで見知らぬ人から友達申請があり、SNSに投稿するだけで簡単に稼げるという副業に誘われた。セミナーを受け、10万円の商材を買うことを勧められた。よく考えずにクレジットカード番号を教えてしまったが、簡単には稼げないことが分かったし、マルチ商法だと分かったので、やめたい。

 

アドバイス:事業者に連絡が取れなく、解約の交渉も難しいこともありますので、安易に契約しないようにしましょう。

 断るときはきっぱりと。不安に思ったら、すぐ相談しましょう。

事例2

ネットで「今なら無料」のダイエットサプリメントの広告を見つけたので、注文した。商品が届き、代金は振込用紙で振り込んだ。商品と一緒に定期購入であると説明書きがあり、次回は2袋も届き、代金も高額と分かったので、解約したい。

 

アドバイス:通信販売では、クーリング・オフ制度はありません。

  商品を注文する際は、支払う総額や解約・返品ができるか、また解約・返品の条件をしっかりと確認しましょう。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活センター 
住所:〒400-0035 甲府市飯田1-1-20 山梨県JA会館 5階
電話番号:055(235)8455   ファクス番号:055(223)1368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について