トップ > 組織から探す > 観光文化政策課 > 新しい生活様式に対応したおもてなし観光人材育成事業

更新日:2021年6月29日

ここから本文です。

新しい生活様式に対応したおもてなし観光人材育成事業

 山梨県では、ウィズコロナ、アフターコロナ社会における本県観光の高付加価値化を推進するため、高いおもてなしスキルを持った観光人材及び地域住民や企業、医療機関など地域で一体となって感染症対策やおもてなし活動の両立(グリーン・ホスピタリティ)を実現する次世代観光人材を育成し、「感染症に強い観光地づくり」の「点」を磨き上げるとともに「面」への拡大を促進する事業実施します。

 次世代おもてなしリーダー育成講座

 6回の講座受講と体験型研修により、観光まちづくり、観光地経営、人材育成などを学んでいただき、地域のおもてなしを先導し、企画や実践ができる⼈材育成を⽬指します。

募集要項

募集対象:観光関係者等(経営者、従業員の別は問いません)

募集定員:30名程度(申込者多数の場合は選考を行う場合があります)

講師 :⽴教⼤学観光学部 東 徹(あずま とおる) 教授を全体コーディネーターとし、国内の観光現場で活躍されている専⾨家がオンラインにて参加

開催期間:2021年7月~2022年1月(平日(水曜日)の午後を中心に開催予定)

会場 :甲府駅周辺を予定

参加費 :無料(⼤学による地⽅創⽣⼈材教育プログラムの「おもてなし⼈材育成講座」 「地域ブランドマネージャー育成講座」へも無料参加できます)

申込期限:7月16日(金曜日)

募集チラシ(リーダー育成)(PDF:577KB)

次世代グリーン・ホスピタリティ観光人材育成事業

 観光産業の反転攻勢と、⼭梨県観光の⾼付加価値化を⽬指し、感染症対策と高いおもてなしについて、専門家と一緒に考えながら「観光地経営プラン」を作成し、その実施支援を行います。

募集要項

募集対象:市町村観光協会、特定地域観光協会等

募集定員:2団体(申込多数の場合、地域等を考慮し決定します)

講師 :全体コーディネーター 元リッツカールトン日本支社長 人とホスピタリティ研究所 代表 高野 登氏

 エリアサポーター おもてなしコンサルタント 瀬戸川 礼子氏、上田 比呂志氏

内容 : 「ウィズコロナで伸びている企業」、「新しい生活様式に対応したおもてなし」、「感染症に強い観光経営」、「観光の高付加価値化」、「観光マーケティング・マネージメント」などを学び、ウィズ・アフターコロナ期における観光地経営プランの作成およびOTAと連携した集客などの実施支援を行います。

開催期間:2021年7月~

開催方法:対象地域でのエリアサポーターによる直接サポート(月2回程度を予定)

参加費 :無料

申込期限:7月7日(水曜日)

募集チラシ(グリーン・ホスピタリティ)(PDF:256KB)

事業に関する問い合わせ先

やまなし観光推進機構 担当:佐藤

電話 055-231-5336(受付時間 8時30分~17時15分)

MAIL m-satoh@yamakan-sk.jp 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部観光文化政策課 担当:企画担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1556   ファクス番号:055(223)1574

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について