更新日:2013年3月27日

ここから本文です。

モモ せん孔細菌病

  • 葉、枝、果実に発生する。
  • 葉の症状は、赤紫色の斑点となり穴があく。
  • 枝の病斑は、春に紫黒色に変色しひび割れ枯れ込む春型病斑(スプリングキャンカー)と、新梢が紫黒色となり、へこんだ病斑となる夏型病斑(サマーキャンカー)がある。
  • 果実では、はじめ褐色の小さな病斑を生じ、次第に深く亀裂を持った病斑となる。

momo_senkosaikinbyo1

葉の病斑

momo_senkosaikinbyo2

夏型枝病斑(サマーキャンカー)

momo_senkosaikinbyo3

幼果の病斑

momo_senkosaikinbyo4

果実の被害

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部総合農業技術センター(病害虫防除所) 
住所:〒400-0105 甲斐市下今井1100
電話番号:0551(28)2941   ファクス番号:0551(28)2963

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について