更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

キュウリ べと病

  • 葉のみに発生する。
  • 角斑を形成し、初め水浸状、黄色の病斑を形成し、やがて褐変する。
  • 多湿時には葉裏に紫黒色のかびを生ずる。
  • 少発生の場合は実害はほとんどないが、多発生の場合は生育、着果が不良となり、果実肥大が抑制され減収する。

kyuuri_beto_1

葉のみに発生する病斑

kyuuri_betobyo2

葉脈に囲まれた角形の病斑

kyuuri_betibytyo3

多湿時に発生する葉裏のかび

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部総合農業技術センター(病害虫防除所) 
住所:〒400-0105 甲斐市下今井1100
電話番号:0551(28)2941   ファクス番号:0551(28)2963

広告スペース

広告掲載について