更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

ナス アザミウマ類

  • 葉に多く寄生し、ミカンキイロアザミウマは葉脈間の組織が壊死し白斑を生じ、ミナミキイロアザミウマは葉脈に沿って白斑を生じやがて葉縁から褐変する。
  • へたが加害されると被害部が褐変し、品質が低下する。
  • ミナミキイロアザミウマが果実を加害すると被害部がケロイド状になり、品質が低下する。

nasu_azamiumarui1

葉に発生した白色の斑点

 

nasu_azamiumarui2

がく内側の果皮の褐変による不整形の傷

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部総合農業技術センター(病害虫防除所) 
住所:〒400-0105 甲斐市下今井1100
電話番号:0551(28)2941   ファクス番号:0551(28)2963

広告スペース

広告掲載について