トップ > 県政情報・統計 > 山梨県について > 山梨県のシンボル

更新日:2018年12月3日

ここから本文です。

山梨県のシンボル

県名の由来

山梨、八代、巨摩、都留の4つの郡からなる甲斐の国は、明治4年11月、廃藩置県で「山梨県」となりました。「やまなし」の由来は、くだもののヤマナシがたくさんとれたから、山をならして平地にした「山ならし」からきているなどたくさんの説があります。

県章

県章の画像

周囲は富士山と武田菱でうるわしい郷土を象徴しており、中のなかのやま は、3つの人文字で山梨の山を形どり、和と協力を表現しています。(昭和41年10月1日告示)

県旗

県旗の画像

優雅なぶどう色を地に用い、中のなかのやまは、県民の和と協力、囲りの富士山は清廉、潔白、純粋性を表しています。曲線化した富士山は流動感を表し、県民の限りない向上を願ったものです。(昭和41年12月告示)

県の鳥 ウグイス

ウグイスの写真

春を告げる鳥として、昔からみんなに愛され親しまれています。里にも奥山にも生息し、他の鳥のひなを育てるというやさしい習慣をもっています。このことから、「明朗と慈愛」を表しています。(昭和39年6月制定)

県の花 フジザクラ

フジザクラの写真

4月から5月にかけて、富士の裾野を彩ります。木はあまり大きくならず、花びらも小型で下むき加減に開きます。きびしい富士の風雪に耐えて、つつましやかに咲く花は、「和と忍耐」を表しています。(昭和29年制定)

県の獣 カモシカ

カモシカの写真

日本特産の特別天然記念物に指定されており、本県では、南アルプス、奥秩父、富士山、三ッ峠などの山岳地帯に生息します。高山のきびしい自然に耐えて生きていることから「忍耐・努力」を表しています。(昭和39年6月制定)

県の木 カエデ

カエデの写真

一般的には、葉は緑色で、秋、霜をうけて美しく紅葉します。本県の山などを美しく彩るそのさまは、「山々の男ぶり見よ甲斐の秋(虚子)」などと詠まれています。(昭和41年9月制定)

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活・男女参画課 担当:県民生活安全担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1350   ファクス番号:055(223)1320

山梨県総合政策部広聴広報課 担当:報道担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について