トップ > くらし・防災 > 相談窓口 > 人権 > 人権のページ

更新日:2020年5月18日

ここから本文です。

人権のページ

このページは山梨県の人権に関するホームページです。

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

jinken 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者・濃厚接触者、医療従事者等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。

 公的機関の提供する正確な情報を入手し、冷静な行動に努めましょう。

 新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害に遭った方は、次の電話番号から人権相談を受け付けています。

みんなの人権110番

(全国共通人権相談ダイヤル)

0570-003-110

平日午前8時30分から午後5時15分まで 様々な人権問題について

子どもの人権110番

0120-007-110

平日午前8時30分から午後5時15分まで いじめ・虐待など子どもの人権問題について

女性の人権ホットライン

0570-070-810

平日午前8時30分から午後5時15分まで 家庭内暴力など女性の人権問題について

外国語人権相談ダイヤル

(Foreign-language Human Rights Hotline)

0570-090911

平日午前9時から午後5時まで 外国人のための相談窓口

 詳細は、「新型コロナウイルス感染症に関連して(法務省)」をご覧ください。

 

  なお、新型コロナウィルスに係る、県民生活や協力要請等についての疑問等に関する相談は、次の電話になります。

 受付時間:平日午前8時30分から午後5時

 受付先:055-223-1778

 詳細は、「県民生活相談ダイヤル」をご確認ください。

 

  また、山梨県警察本部にも、不安なこと、悩みごと等、暮らしの安全に関する相談(警察安全相談)を受ける総合窓口がありますので、お気軽にご相談ください。 

 ・県民広報相談センター 総合相談室

 電話番号 警察相談ダイヤル「#9110」又は「055-233-9110(#9110でつながらない場合)」

 ※24時間対応ですが、夜間・休日は、警察本部の当直対応となります。

 詳細は「総合相談室(山梨県警察本部)」をご覧ください。

拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓いー奪還ー」を実施しました

 平成30年11月9日(金曜日)桃源文化会館において、政府拉致問題対策本部、山梨県、南アルプス市及び甲府市の共催で、拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓いー奪還ー」を上演し、地元の中学生を含む730名(満席)の方々にご来場いただきました。

 

 舞台劇1 舞台劇2

 舞台劇3 舞台劇4

やまなし人権啓発出前講座講師派遣のご案内

  山梨県では、人権啓発や教育の一層の推進を図るため、県内各地域で開催される人権啓発に係る研修会等への講師派遣事業を実施しています。

 地域の民間団体(市民団体、PTA等)や学校、企業などで人権をテーマとした研修会等を開催する際には、この出前講座の積極的な活用をお願いします。

 講師については、テーマなどの内容に応じて選定のうえ、無償で派遣します。(会場は、主催者側でご用意いただきます。)

 

 <主な人権テーマ>

 ・人権全般 ・女性の人権・子どもの人権高齢者の人権・障害のある人の人権・部落差別問題・外国人の人権

 ・HIV・ハンセン病患者の人権犯罪被害者の人権・性的マイノリティの方の人権・仕事と人権・震災と人権

 ・詳細はチラシ(PDF:13KB)をご覧ください。

「人権の花運動」を実施しています!

 人権の花運動は、昭和57年から続いている主に小学生に対する啓発活動で、児童たちが協力して花を栽培・育成することにより、生命の尊さを実感し、豊かな心をはぐくみ、やさしさと思いやりの心を学んでもらうことを目的とするものです。

 風船に児童のメッセージと花の種をつけて大空に飛ばすことから、これまで他県の方を含む花の種を拾った多くの方から便りが寄せられ、やさしさの輪が広がっています。 

看板

 

花1 花2
風船1 風船3 風船2

  その他にもいろいろな取り組みを実施しています

お知らせ

 ヘイトスピーチ解消のための法律(本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律)が施行されました。


 平成28年6月3日から、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律が施行されました。
民族や国籍等の違いを越え、互いの人権を尊重し合う社会を築きましょう。

◇ 詳しくは、
法務省(人権擁護局)ホームページをご覧ください。

東日本大震災・原発風評被害を防ぐために

 
放射能の影響を心配するあまりなのでしょうが、根拠のない思い込みや偏見で差別することは人権侵害につながります。震災に遭った人が、避難先で差別を受けたらどんな気持ちになるでしょうか。

  相手の気持ちを考え、やさしさを忘れず、みんなでこの困難を乗り越えていきましょう。

 ◇ 詳しくは、
法務省(人権擁護局)ホームページをご覧ください。

 ◇ 甲府地方法務局・山梨県人権擁護委員連合会・山梨県人権啓発活動ネットワーク協議会による風評被害防止のためのチラシを
 作成しましたので、ご活用ください。
(東日本大震災・風評被害防止のための啓発チラシ)(PDF:756KB)

 いじめに関する相談窓口について

  • いじめられているとき、相談(そうだん)できる窓口(まどぐち)があることを知って(しって)いますか。
  • 親(おや)や先生(せんせい)に相談(そうだん)することはもちろんですが、つらさや怖さ(こわさ)を話せる(はなせる)公的(こうてき)窓口(まどぐち)があります。
  • いじめられている自分(じぶん)に問題(もんだい)があると思わず(おもわず)、苦しい(くるしい)悩み(なやみ)を相談(そうだん)してください。
  • ひとりではありません。きっと出口(でぐち)が見(み)つかります。

 

<子ども人権(じんけん) 110番>

 0120-007-110 

  • 相談無料(そうだんむりょう)
  • 平日 午前8時30分~午後5時15分まで
  • 法務局(ほうむきょく)職員(しょくいん)または人権擁護委員(じんけんようごいいん)が対応(たいおう)します。

 

<インターネット人権相談受付窓口

  • 24 時間(じかん)受付(うけつけ)ています。
  • 携帯(けいたい)からも相談(そうだん)できます。
  • 法務局(ほうむきょく)から返事(へんじ)がきます。

  まもる君あゆみちゃんイラスト

 人権問題に関する相談窓口について

 日頃、これは人権問題ではないかと感じたり、法律ではどうなっているのか分からずお困りになっていることはありませんか?

 そのような時は、次の相談窓口にお気軽にご相談ください。プライバシーは守られます。

  ◇ご相談窓口はこちら

 人権カレンダー

関係機関 

まもる君あゆみちゃんイラスト

 

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民安全協働課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1351   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について