トップ > しごと・産業 > 林業 > 森林整備・保全 > 民有林の整備・保全 > 森林の土地を取得したとき届出が必要です

更新日:2019年2月4日

ここから本文です。

森林の土地を取得したとき届出が必要です

森林の土地の所有者の届出制度

森林法の改正により、平成24年4月以降、森林の土地の所有者となった方は市町村長への事後届出が義務付けられました。

届出対象者

個人・法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方は、面積に関わらず事後の届出をしなければなりません。

ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出している方は対象外です。

届出期間

土地の所有者となった日から90日以内に、取得した土地のある市町村長に届出を行います。

詳しくは、所有者となった土地がある市町村の林務担当のほか、県庁森林整備課、各林務環境事務所森づくり推進課までお問い合わせ下さい。

 

 

関連リンク:森林の土地の所有者届出制度について(林野庁)  

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部森林整備課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1644   ファクス番号:055(223)1678

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について