トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo0406花鳥山遺跡

更新日:2017年5月15日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0406花鳥山遺跡-耳飾り

 

笛吹市の遺跡

  • 0014経塚古墳-復元古墳-
  • 0217経塚古墳-内部構造-
  • 0251経塚古墳-石室の石積み-
  • 0280経塚古墳-列石-
  • 0396経塚古墳-八角形の意味-
  • 0019桂野遺跡-石皿・磨石-
  • 0100桂野遺跡-陥し穴-
  • 0111桂野遺跡-前期土偶-
  • 0262桂野遺跡-縄文時代前期の住居跡-
  • 0265桂野遺跡-土器に描かれた物語-
  • 0020四ツ塚古墳群-玉類-
  • 0235四ツ塚古墳群-装身具-
  • 0022狐原遺跡-墨書土器-
  • 0059平林2号墳-副葬品-
  • 0079平林2号墳-青銅鏡-
  • 0102平林2号墳-ガラス玉-
  • 0202平林2号墳-馬具類や装身具類-
  • 0240平林2号墳-勾玉-
  • 0337平林2号墳-勾玉-
  • 0081身洗沢遺跡-田んぼと木製品-
  • 0230身洗沢遺跡-プラント・オパール-
  • 0339身洗沢遺跡-農具の今と昔-
  • 0125水口遺跡-柄鏡形敷石住居跡(1号住居跡)-
  • 0355水口遺跡-敷石住居跡(3号住居跡)-
  • 0135花鳥山遺跡-エゴマ種子塊-
  • 0194花鳥山遺跡-縄文時代の食生活を知る遺物-
  • 0199花鳥山遺跡-世界最大級の縄文土器?-
  • 0406花鳥山遺跡-耳飾り-
  • 0145竜安寺川西遺跡-発掘調査速報-
  • 0155竜安寺川西遺跡-発掘調査速報2-
  • 0165竜安寺川西遺跡-発掘調査速報3-
  • 0179竜安寺川西遺跡-ミニチュア土器-
  • 0147境川中丸遺跡-発掘調査速報-
  • 0157境川中丸遺跡-発掘調査速報-
  • 0181境川中丸遺跡-S字状口縁台付甕-
  • 0148一の沢遺跡-縄文時代中期の住居-
  • 0293一の沢西遺跡-ヒトをモチーフにした土器-
  • 0307一の沢遺跡-縄文土器-
  • 0350一の沢遺跡-みんなで応援しよう!「ミュージアムキャラクターアワード2012」のいっちゃん-
  • 0150稲山遺跡-発掘調査速報-
  • 0160稲山遺跡-発掘調査速報2-
  • 0170稲山遺跡-発掘調査速報3-
  • 0209稲山遺跡-常滑甕-
  • 0229稲山遺跡-すり鉢-
  • 0288稲山遺跡-かわらけ-
  • 0151三光遺跡-発掘調査速報-
  • 0166三光遺跡-発掘調査速報5-
  • 0171三光遺跡-発掘調査速報6-
  • 0186三光遺跡-耳飾り他-
  • 0173二之宮遺跡-食材をふかす道具-
  • 0284二之宮遺跡-置きカマド-
  • 0219亀甲塚古墳-盤龍鏡-
  • 0264亀甲塚古墳-碧玉製管玉-
  • 0234御坂中丸遺跡-縄文時代早期-
  • 0275馬乗山2号墳-甲府盆地最後の前方後円墳-
  • 0331地耕免遺跡-斎串と馬の歯-
  • 0354中丸東遺跡-縄文時代前期の土器と古墳時代の住居跡-
  • 0356石橋条里制遺構-古代の土地区画整理-
  • 0371太鼓畑遺跡-調査概要-
  • 0382六ッ長遺跡-調査概要-
 

遺跡概要

花鳥山遺跡(はなとりやまいせき)は、笛吹市御坂町と八代町にまたがる御坂山塊北麓の丘陵地に立地する縄文時代の遺跡です。縄文時代早期~晩期までの資料が確認されていますが、特に前期の資料が豊富に見つかっており全国的にも縄文時代前期の遺跡として有名です。

また、明治27年に発行された『山梨懸市郡村誌』にはこの地域から土器が出土したことが書かれており、この地は古くから土器が出る場所として認識され、大正時代以降、土器の採集や発掘調査が度々行われてきました。今回は昭和62年の調査で発見された玦状耳飾り(けつじょうみみかざり)についてご紹介します。

遺跡名:花鳥山遺跡

時代:縄文時代

所在地:笛吹市御坂町竹居~八代町竹居

報告書:山梨県教育委員会『第45集花鳥山遺跡・水呑場遺跡』1989

調査機関:山梨県埋蔵文化財センター

関連トピックス

0135花鳥山遺跡-エゴマ種子塊-

0194花鳥山遺跡-縄文時代の食生活を知る遺物-

0199花鳥山遺跡-世界最大級の縄文土器?-

0406_花鳥山遺跡全景

花鳥山遺跡全景

玦状耳飾りとは?

縄文時代の耳飾りには「玦状耳飾り」(けつじょうみみかざり)と呼ばれるものと、「耳栓」(じせん)と呼ばれるものの二種類のタイプがあります。

玦状耳飾りは古代中国の玉器「玦(けつ)」に似ているためこのように呼ばれています。見た目はちょうどアルファベットのCの形をしています。

一方耳栓は、鼓(つづみ)のような円柱状をしています。(耳栓についてはこちらのトピックスをご参照ください。→No186三光遺跡

どちらも耳に穴をあけて使用しますが、玦状耳飾りは切れ込みの部分から耳のあけた穴に挿入して使用し、耳栓は耳のあけた穴にそのままはめこんで使用しました。

また、玦状耳飾りは縄文時代前期に盛んに用いられるのに対し、耳栓は縄文時代中期頃登場し、後・晩期に流行しました。どちらもその起源ははっきりとはわかっていませんが、使い方や形状が異なっていることから、玦状耳飾りの形が変化して耳栓になったとは考えにくく、それぞれのルーツは別であろうと考えられています。どちらも全国的な事例(耳飾りを付けた土偶の例など)から主には女性が身につけていたようです。

玦状耳飾りの移り変わり

玦状耳飾りは縄文時代早期に登場し、前期に流行しますが、その形は時代と共にすこしずつ変化していきます。

下の図は中溝遺跡(なかみぞいせき)から出土した縄文時代早期の玦状耳飾りです。

耳飾りの復元図

中溝遺跡(都留市)から出土した縄文時代早期末の玦状耳飾り

0406_花鳥山耳飾り実測図

花鳥山遺跡(笛吹市)出土の縄文時代前期後半の玦状耳飾り

一方、上の図は花鳥山遺跡から出土した縄文時代前期後半の玦状耳飾りです。

図を比べてみると、早期のものよりも前期のものの方が薄く作られており、中心の穴も小さいことがわかります。このように早期のものは断面が丸く、中心の穴が大きいですが、前期になると断面は薄く、中心の穴も小さくなっていきます。さらに中期のものになると、より薄くなり、平面形が円形ではなく縦長のものも現れます。こうして玦状耳飾りの変化をみてみると、この形が耳栓へと変化していくというのはやはり考えにくいように思われます…。

昔は赤かった?耳飾り

花鳥山遺跡からは石製と土製の二種類の玦状耳飾りが出土しています。

石製の玦状耳飾りは4点出土しており、すべて滑石(かっせき)という柔らかい石で作られていました。そのうちの一つ1号住居跡から出土したものは、発見されたときは割れていましたが、完全な形に復元することができました。

0406_1号住居跡

1号住居跡

0406_耳飾り出土状況

1号住居跡から見つかった玦状耳飾り

この1号住居跡から見つかった玦状耳飾りには、割れ口等に赤色の顔料が残っていました。また、遺跡の他の場所から出土した土製の耳飾り2点についても表面が赤く彩色されていたことがわかっています。これらの事実を踏まえると、この耳飾りももしかしたら当時は今見えている色ではなく、耳飾り全面が赤かったのかもしれませんね。

耳飾りをはじめとする装身具は出土数が少なく、日常生活で使用された土器とは異なり、限られた人のみ持つことができたものだと考えられます。赤く彩色されていたことを考えても身体を飾るという目的の他に、魔除けといった意味合いもあったのだろうと考えられています。

耳飾りにあけられた3つの小さな穴

0406_花鳥山1号住出土の耳飾り

1号住居跡から見つかった玦状耳飾り

ところで、1号住居で発見されたこの耳飾りを観察してみると上の方に3つの小さな穴があいていることがわかります。どうしてでしょうか?

実はこの穴は、割れてしまった耳飾りを紐などを通して繋ぎ合わせるためにあけられた穴だと考えられます。当時の人々にとっては貴重品であった耳飾り。そのため、耳飾りは壊れてしまったらこのような穴をあけて修理して使っていたのだと推察されます。

ただ、このような修理用の穴は遺跡で見つかる耳飾りによくあけられているものの、花鳥山遺跡で見つかったもののように完形の状態となる耳飾りはごく稀です。なぜでしょうか??

これは、割れたものをくっつけて完全な形に直すよりも、割れたものをそのまま磨き直してペンダント等に転用するケースの方が圧倒的に多かったためです。つまり、穴をあけてもそれは、ペンダント用に穴をあけている場合が多いということです。なので花鳥山遺跡で見つかった耳飾りは珍しいケースといえます。いずれにしても当時の人が物を大切にしていたことが窺われますね!

今回ご紹介した玦状耳飾りは現在、県立考古博物館にて展示されています。

ぜひ考古博物館で本物をご覧になってください!!

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について