トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0296

更新日:2017年3月8日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0296上コブケ遺跡B区(山梨市)

山梨市の遺跡

0037足原田遺跡-鞴の羽口-
0046足原田遺跡-凸帯付三耳壷-
0054延命寺遺跡-台付甕-
0221足原田遺跡-食べ物-
0296上コブケ遺跡B区-人面装飾付土器-
0302上コブケ遺跡C区-発掘調査速報-
0313上コブケ遺跡A・B・C区-発掘調査速報-
0365上コブケ遺跡B区-県内の人面装飾付土器特集-
0346上コブケ遺跡D区-発掘調査速報-
0348上コブケ遺跡D区-発掘体験セミナー-
0324廻り田遺跡B区-発掘調査速報-
0325膳棚遺跡B区-打製石斧-
0330膳棚遺跡A区-調査概要-
0358膳棚遺跡D区-発掘調査速報-
0368膳棚遺跡D区-発掘調査速報2-
0373膳棚遺跡D区-遺跡紹介-
0384上コブケ遺跡B区-人面装飾付土器の復原修復-
0394上コブケ遺跡C区-ナイフ形石器-

山梨市上コブケ遺跡B区(かみこぶけいせきびーく)から出土した縄文時代土器なのですが、みなさんは何に見えますか?

 

 

0296_曽利1式人面付き土器拡大

上コブケ遺跡B区

山梨市上コブケ遺跡B区は、山梨市南にあります。

遺跡の近くには、兄川や弟川が流れており、遺跡の標高は約370mです。

西関東連絡道路の建設に伴って発掘調査が2011年5月下旬から始まりました。広範囲の発掘調査なので、発掘調査区をA区、B区、C区の3区に分けて調査しています。

縄文時代中期後半(曽利1.式古段階土器そりいちしきどきこだんかい)の人面装飾付土器

縄文時代は今から約1万3000年前~2300年前という長い期間のことを指します。(時代区分は確立してないので、研究者によって違います。)

縄文時代は草創期、早期、前期、中期、後期、晩期と6区分され、縄文時代中期は約5000年~4000年前の時代です。

曽利1式土器は縄文時代中期後半(今から約4500年前)に見られる土器様式(土器の特徴から分類されている。)で、人面の装飾が施されることはめずらしいようです0296_曽利1式人面付き土器拡大

曽利1式古段階の人面装飾付土器(人面部を拡大)

遺跡トピックス0296_曽利1式人面付き土器

曽利1式古段階の人面装飾付土器

みなさんは何に見えますか?

ヘビのように長い体に顔!?

考古学では人面装飾付土器と呼びますが、人間以外のもの(神や精霊など)を表現しているかもしれませんね!

遺跡トピックス0296_曽利1式人面付き土器接合全体

目立つ大きな破片だけでもこんなにありました。

縄文人の芸術性の高さが垣間見えますね!

写真の左の破片を見ると、人面がもう1つあったようですが、残念ながらはがれて落ちていました。

遺跡トピックス0296_曽利1式人面付き土器口縁部

口縁部(土器の一番上の部分)を写したものです。

写っている手と比べると、土器の口縁の大きさがわかります。

人面装飾付土器は埋甕(うめがめ)でもあった!

0296_人面付き土器出土状況遺跡トピックス0296_曽利1式人面付き土器出土状況

人面付き土器は逆位(上下逆さまの状態)で出土しました。

底の部分はありませんでしたが、土器の口縁部(上の部分)を下にしており、このことから人面装飾付土器は埋甕(うめがめ)と呼ばれる土器を使ったお墓であったことがわかりました。

写真左をよく見ると、人面部が逆さになっていますね。

縄文時代の埋甕は幼い子どもが死亡した場合に、現在で言うと骨壷(こつつぼ)のように用いられたとする説や、胎盤を埋納して子孫繁栄を願ったとする説が考えられています。死者を送る葬送儀礼と、子孫繁栄を願う祭祀儀礼、縄文人は埋甕にどのような想いを込めていたのでしょうか。

関連トピックス

No.0365上コブケ遺跡B区-県内の人面装飾付土器特集-

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について