トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.130 小井川遺跡

更新日:2017年5月10日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.130小井川遺跡

中央市の遺跡

  • 0036小井川遺跡-布施荘・五輪塔・大型建物跡その1-
  • 0085小井川遺跡-カマド-
  • 0120小井川遺跡-池状遺構・五輪塔-
  • 0130小井川遺跡-大型建物跡その2-
  • 0041平田宮第2遺跡-井戸-
  • 0060平田宮第2遺跡-祭祀-
  • 0401鎌田川旧堤防遺跡

戦国時代の寺院跡を発見!

下の写真は、戦国時代末期(約450年前)の寺院の礎石です。規模は、基壇の縁が東西18m×南北13mの大型建物で、基壇は周囲より30cm程度土で盛り上げ形成しています。東西に付属屋(母屋に付属する建物)を設け、周囲には方形の濠が巡っています。

礎石建物跡の写真その2

下の図は、中央に母屋、東側に庫裏、西に位牌堂を設けた寺院の復元図です。復元にあたっては、発掘資料はもちろん、山梨県下に現存する多くの中世寺院を参考にしました。地中に眠る完全な寺院の発見は今回が最初かと思われますが、今後の調査の進展によっては、このような例が増加するものと思われます。

寺院の復元図

小井川遺跡の発掘調査

この他の小井川遺跡の発掘調査については、こちらをご覧ください。

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について