トップ > しごと・産業 > 建設業 > 山梨県入札監視委員会

更新日:2019年9月20日

ここから本文です。

山梨県入札監視委員会

山梨県入札監視委員会(1)

審議会等の名称

山梨県入札監視委員会

設置根拠

山梨県入札監視委員会設置要綱

設置年月日

平成13年11月12日

設置目的

入札・契約手続きにおける公正性の確保と透明性の向上を図る。

事務局所管課

県土整備部県土整備総務課 契約担当

電話番号

055-223-1673

FAX番号

055-223-1674

メールアドレス

kendosom@pref.yamanashi.lg.jp

委員職・氏名

委員 舛谷 敬一(山梨大学教授)

委員 石垣 千秋(山梨県立大学准教授)

委員 片田 興(山梨学院大学教授)

委員 田邉 佳子(一級建築士)

委員 長倉 智弘(弁護士)

次回開催予定

次回開催日の1週間前までに掲載します。

開催結果(実施済)

 令和元年8月23日第2回会議資料1(PDF:2,993KB),資料2(PDF:3,958KB)

 令和元年5月28日第1回会議資料(PDF:3,389KB)

 平成31年2月14日第4回会議資料 (PDF:1,073KB)

 平成30年11月20日第3回会議資料(PDF:1,773KB)

 平成30年8月24日第2回会議資料(PDF:1,746KB)

 平成30年5月22日第1回会議資料(PDF:2,802KB)

 

会議録

 

会議資料

公開

法人等の正当な利益を害するおそれがある場合など、一部資料を非公開とする場合がある。

山梨県入札監視委員会(2)

入札監視委員会とは

平成13年に施行された「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」及び「公共工事の入札及び契約の適正化を図るための措置に関する指針」により、第三者による監視を受けながら、入札及び契約の過程並びに契約内容の透明性を確保するために設置された機関です。

委員会の目的

山梨県発注の工事・業務委託における入札・契約手続きについて、公正性の確保と透明性の向上を図ること。

委員の構成

委員は、中立・公正の立場で客観的に入札・契約について審査、その他の事務を適切に行うことができる5名の学識経験者等で構成されており、任期は2年です。

委員会の業務

  • 山梨県が発注した工事について、入札・契約手続きの運用状況の報告を受けること。
  • 山梨県が発注した工事のうちで委員会が抽出したものにつき、一般競争入札参加資格の設定理由及び経緯、並びに指名競争入札に係る指名理由及び経緯等についての審議を行い、意見の具申または勧告を行うこと。
  • 一般競争入札、公募型、指名競争入札及び随意契約における入札・契約手続きについて、再苦情があった場合の処理を行うこと。(ただし、WTO政府調達協定に係る一般競争入札は除く。)

委員会の開催時期

四半期ごとに開催し、その審議内容をホームページ上に公表しています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部県土整備総務課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1673   ファクス番号:055(223)1674

山梨県入札監視委員会事務局(山梨県県土整備部県土整備総務課契約担当内)

E-mail:kendosom@pref.yamanashi.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について