ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症について

県内における発生状況

令和3年11月28日(日曜日)
新規陽性者数 実効再生産数 病床等使用率
0人 1.00 0.1%

(注)・実効再生産数とは…1人の感染者が平均して何人に感染を広げる可能性があるかを示す指標。現在流行が拡大期にあるのか収束に向かっているかの評価に用いられ、1より大きい場合に増加傾向、1より小さい場合に減少傾向を表す。

【計算方法】新規陽性者の直近7日間移動平均/(世代時間)日前の7日間移動平均
(COVID-19感染報告者数に基づく簡易実効再生産数推定方法による算出(国立感染症研究所IASR Vol.42 p.128-129 2021年6月号)
※世代時間:5日間に固定。5日前の7日間移動平均が0など計算不可能のケースでは、実効再生産数は0と記載。

・病床等使用率は、前日24時時点の状況を記載。

 

新型コロナウイルス感染症に関する詳細情報は以下のページをご覧ください。

 

新型コロナウイルスワクチンについて

新型コロナウイルスワクチンの接種概要や問い合わせ先などは、山梨県公式ホームページに掲載されています。ご確認ください。

山梨県で発生している感染症情報

警報

なし

注意報

なし

2021年46週(11月15日~11月21日)コメント

 ヘルパンギーナは富士・東部保健所管内でやや多い報告数となっています。また、感染性胃腸炎は甲府市保健所管内でやや多い報告数となっています。感染性胃腸炎の患者報告数が増加する時期です。食品の十分な加熱調理や、こまめな手洗いを心がけましょう。
 感染症予防のため、マスクの着用、手洗い、うがい、咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。また、タオルの共用や人混み、患者との濃厚接触を避けましょう。
(毎週木曜日夕方更新予定)