トップ > まちづくり・環境 > 道路 > 道路管理 > 山梨県橋梁長寿命化実施計画

更新日:2019年7月18日

ここから本文です。

山梨県橋梁長寿命化実施計画について

橋梁の寿命は、一般的に50年から60年と言われています

今まで、寿命を迎えた橋梁は、順を追って架替えを行ってきましたが、高度経済成長期に建設した多くの橋梁が、これから集中して寿命を迎えることとなります。

このような状況下では、これまでどおりに全ての橋梁を架替えることは、財政的にも非常に難しくなってきています。

そこで県では、橋梁の損傷が小さいうちに塗装やひび割れ補修などを計画的に行い、橋梁の寿命を引き延ばし、架替え時期が集中しないようにするとともに、長期的な橋梁の管理費節減が期待できる『山梨県橋梁長寿命化実施計画』を策定いたしました。

 

・山梨県橋梁長寿命化実施計画(概要版)(PDF:213KB)

・山梨県橋梁長寿命化実施計画(PDF:1,764KB)

・山梨県橋梁点検要領(PDF:441KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部道路管理課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1695   ファクス番号:055(223)1699

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について