トップ > まちづくり・環境 > 河川・砂防・治山 > ダム事業 > 広瀬ダムのはたらき(洪水調節について)

更新日:2019年5月28日

ここから本文です。

広瀬ダムのはたらき(洪水調節について)

洪水時にはダム上流から流れてくる水をダムに貯めながら下流に流して洪水被害の軽減を図ります。

 

例えばダムに560m3/sの川の水が流れ込んできた場合、560m3/sの内、310m3/sだけ下流に流して残りの250m3/sはダムに一時的に貯めます。この洪水調節によってダムより下流の川に流れる水の量はダムがない場合に比べ250m3/s少なくなります。(基本的に流入量より多い量は流すことはありません。)

ダムがないと・・・

non1 non2

洪水発生の危険性が高まる。

ダムができれば・・・

ye1 ye2

洪水発生の危険性が低くなる。

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部広瀬・琴川ダム管理事務所 
住所:〒404-0206 山梨市三富上釜口篠平1178-1
電話番号:0553(39)2411   ファクス番号:0553(39)2413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について