更新日:2013年5月10日

ここから本文です。

保安林の種類と役割

 

森林は、多様な機能をもっています。その機能を目的別に分類し、その分類により、17種の保安林を定めています。

 

1水源かん養保安林

森林が持つ、水源かん養機能に着目し、流域におけるさまざまな水需要を確保します。主に、水源となる森林を大規模に指定するのが特徴です。

2土砂流出防備保安林

樹木の根や、下層植生の効果により、雨水による表土の浸食をくい止め、下流域の土砂災害を防ぐために指定されます。主に、集落に近い里山や、土砂流出が顕著な森林を指定します。

3土砂崩壊防備保安林

樹木の根によって、土砂の崩壊を防ぐために指定されます。主に道路や住宅などに隣接した箇所の山林を指定します。

4飛砂防備保安林

海岸から飛んでくる砂を、森林によって遮断し、砂による被害を防ぎます。海岸沿いの森林が指定されるほか、神奈川県湘南海岸のように、育林される場合もあります。

5防風保安林

森林によって、強風を弱め、農地や住宅を守ります。

6水害防備保安林

万が一、洪水などの水害に見舞われたとき、水の勢いをやわらげたり、漂流物をせき止めたりするなどして、水害の被害を抑えます。主に、大きな河川沿いの森林を指定します。

7潮害防備保安林

津波や高潮の勢いを弱め、被害を食い止めるほか、塩分の多い海風を弱めて、農地などを守ります。

8干害防備保安林

ある地域で用いられる水道など、局所的に必要である水源を守ります。「1水源かん養保安林」は流域全体の水源地を保全する目的ですが、こちらは、限定された地域的必要性から指定されるという違いがあります。

9防雪保安林

吹雪を抑えます。

10防霧保安林

霧の移動を抑えることによって、交通事故を防いだり、農地を守ります。

11なだれ防止保安林

なだれが起きるのを防ぎます。また、なだれが万が一起きてしまった場合も、その勢いをなるべく抑えます。

12落石防止保安林

樹木の根で岩石を安定させたり、樹木そのもので落石を阻止します。

13防火保安林

燃えにくい樹種により、森林を形成し、山火事等が燃え広がらないようにすることによって、住宅や農地を守ります。

14魚つき保安林

森林により陰をつくって魚介類が住みやすくするほか、土砂の流出を防いできれいな水を保ち、落葉などにより栄養を供給して、安定した漁場を形成します。

15航行目標保安林

レーダーなどの機器を積まないような漁船が航行する際、目標となる地上物として保全されます。

16保健保安林

人々の保健休養、いやしの場としての保安林です。森林浴やレクリエーションの場となります。また空気をきれいにするなど、住宅地の生活環境にも大いに役立っています。

17風致保安林

名所や旧跡などの景観に、森林が大きな役割を果たしている、そうした森林を保全することによって、趣のある景観を保ちます。

 

以上の17種類のうち、山梨県においては次の10種類の保安林が指定されています。

1水源かん養保安林

2土砂流出防備保安林

3土砂崩壊防備保安林

5防風保安林

6水害防備保安林

8干害防備保安林

12落石防止保安林

13防火保安林

16保健保安林

17風致保安林

このページに関するお問い合わせ先

山梨県林政部治山林道課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1660   ファクス番号:055(223)1663

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について