トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0044円楽寺

更新日:2017年6月15日

ここから本文です。

埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0044円楽寺

甲府市の遺跡

(甲府城関連・曽根丘陵公園を除く)

  • 0016岩清水遺跡-古式須恵器-
  • 0042円楽寺-六角堂-
  • 0044円楽寺-六角堂石塔群
  • 0197円楽寺-行者堂と富士山-
  • 0061富士見一丁目遺跡-田んぼ-
  • 0361富士見一丁目遺跡-プラ箱でつくったお米の量と県内の最も小さな区画された水田-
  • 0086知ろう山梨の歴史!山梨の遺跡展2007特集-
  • 0087知ろう山梨の歴史!山梨の遺跡展2007特集-
  • 0140榎田遺跡-壷型土器-
  • 0205榎田遺跡-スプーン状土製品-
  • 0255榎田遺跡-装飾器台-
  • 0321榎田遺跡-甑-
  • 0152八幡神社遺跡-発掘調査速報-
  • 0162八幡神社遺跡-発掘調査速報第2弾-
  • 0191八幡神社遺跡-整理調査速報-
  • 0207八幡神社遺跡-整理調査速報2-
  • 0223八幡神社遺跡-整理調査速報3-
  • 0185米倉山B遺跡-山梨最古の須恵器-
  • 0222米倉山B遺跡ー「貸泉」-
  • 0309米倉山B遺跡-二重口縁壺-
  • 0187上野原遺跡-古道‘中道往還’-
  • 0393上野原遺跡-水煙土器
  • 0238音羽遺跡-転用硯-
  • 0266音羽遺跡-磨製石鏃-
  • 0246菖蒲池遺跡-弥生時代のお墓-
  • 0021塩部遺跡-人形木製品-
  • 0268塩部遺跡-日本最古級のウマ-
  • 0381塩部遺跡-山梨県内の戦争遺跡-
  • 0383県指定史跡加牟那塚古墳-古墳のデータと石室-
  • 0402大坪遺跡-調査速報-
  • 0411久保田・道々芽木遺跡-

円楽寺石塔群

IMG_1029-1

円楽寺六角堂西側には、中世(鎌倉時代~室町時代)の石塔群が所在します。石塔は、主に先祖供養や墓石などとして建てられました。いろいろな形が見られ、「五輪塔(ごりんとう)」や「宝篋印塔(ほうきょういんとう)」、「石仏」など種類も様々です。石塔は、奈良時代にも見られますが、中世に入り多種多様になります。例えば、宝塔・多宝塔(たほうとう)・五輪塔・宝篋印塔・層塔などがあります。

この中でも五輪塔は、室町時代以降に大量に造られ、今でも古い墓地の片隅や、寺院の境内で見かけることがあります。


所在地:甲府市右左口町岩窪

時代:中世・近世

調査機関:山梨県教育委員会・山梨県埋蔵文化財センター

円楽寺六角堂の石塔群

円楽寺石塔2円楽寺石塔1

写真は、円楽寺六角堂に所在する石塔です。このうち左は宝篋印塔の基礎です。この石塔の左側面には、10行程度の銘文が記されていますが、痛みが激しくほとんど解読はできません。しかし、かろうじて「天文十六」(1547)年の年号を読み取ることができ、この石塔が存在した年代を知ることができます。天文十六年は、武田信玄が甲州法度之次第を制定した年でもあります。

右の写真は、六角形の石塔です。その形から、はじめは江戸時代に造られたものだと思われていましたが、基礎部分から「永禄四」(1561)年の文字が発見され、中世にさかのぼる可能性が出てきました。しかし、石塔が完成した後、さかのぼった年号を掘った可能性もあるので、現在類例を調査中です。

石塔からは、当時の人々の生活や信仰などを知ることができます。また、石塔に限らず石造物は街道沿い、神社・仏閣など日常生活の中で接することのできる文化財です。

当時の人々は何を思い、どういった目的で石塔を建てたのでしょうか。

甲州法度之次第:分国法(戦国時代の大名が自分の支配領域を統治するために配布した法令)

廃浄居寺宝廃浄居寺石塔

【写真左;山梨市牧丘町字浄居寺の宝篋印塔、右;山梨市牧丘町字浄居寺の五輪塔】

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について