更新日:2017年5月25日

ここから本文です。

中間検査制度について

 中間検査の概要

新たな特定工程等の指定について(平成28年4月1日~)

本県では、中間検査制度の趣旨を踏まえ、特定工程及び特定工程後の指定を新たに行いました。

従前の指定から、検査対象建築物等に一部変更点がありますのでご注意ください。

 

(従前の告示)

 

山梨県における中間検査の指定について

中間検査を行う区域

県内全域(甲府市の区域を除く。)

中間検査を行う建築物

  • 一の建築物における新築、増築又は改築に係る部分が次のいずれかの規模に該当する建築物
    (1)階数が三以上となるもの
    (2)延べ面積が五百平方メートルを超えるもの

建築基準法第7条の3第1項第1号の規定により中間検査が必要な共同住宅を除きます。

特定工程(中間検査を実施する時期)

次の一覧表を御覧下さい。なお、特定工程及び特定工程後の工程は、一の建築物の工区を分けた場合は、初めて特定工程に係る工事を行った工区の工事の工程に係るものとします。

建築基準法第7条の3第1項第1号の規定により中間検査が必要な共同住宅は、工区等が分かれている場合、その都度中間検査が必要です。

適用除外となる建築物

次のいずれかに該当する建築物については中間検査の適用が除外されます。

  • 法第18条又は第85条の規定の適用を受ける建築物
  • 法第68条の10第1項に規定する型式適合認定を受けた建築物(令第136条の2の11第1号に掲げるものに限る。)
  • 建築物の建築主が地方公共団体である建築物

 中間検査申請手数料

事務手続きフローチャート

中間検査チェックシート

  

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部建築住宅課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1730   ファクス番号:055(223)1736

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について